象彦

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    象彦

    雅びを愛する京都人の感性に応える、華やかな漆のかたち

     1661(寛文元)年に「象牙屋」の名で創業、以来およそ350年にわたって京都人の信頼を集めてきた名店「象彦」。伝統の技術を生かした蒔絵の名品写しから、ふだん使いの器まで幅広いアイテムが揃い、京のハレの日の食卓を飾る盛器、重箱も充実しています。花器としても使えるしなやかな高杯や、丸みのある可愛らしい形のお重など、用と美を兼ね備えた器は、細かなところにも手づくりの品らしい心配りがあり、使う人の心を満たしてくれます。写真の盛器は11,550円。


    『婦人画報』2010年8月号別冊「買いたい京都」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 象彦
    店名(ひらがな) ぞうひこ
    住所 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町10
    TEL 075-752-7777 
    営業時間 9時30分〜18時 
    定休日 水曜(祝日の場合は翌日)、夏期休業
    予約
    URL
    コメント 本店2階には所蔵品などの展示を行う「象彦漆美術館」もあり(有料)。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    蒔絵技術に秀でた3代目彦兵衛制作の「白象と普賢菩薩」が評判となり、「象彦」と呼ばれるように。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ