ワインと和食 みくり

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
岐阜産の稀少な銘柄豚を使う「ボーノポーク肩ロースの炭火焼き」。7,000円コースのひと品。

    マスターソムリエ選り抜きの ワインと和食のペアリング

    2015年6月にオープンしたばかりで、早くも話題を集める店。オーナーで著名なマスターソムリエの西別當 選(にしべっとう えらぶ)さんは「世界遺産にもなった和食と、私が選んだワインを質もサービスも最高の状態で楽しんでほしい」と語ります。グラスワイン用のグラスはリーデル社のステムなしタイプで女性にも持ちやすいもの。料理は、京都の名割烹で研鑚を積んだ宮脇雅也さん。奇をてらわず、季節を映したコース料理(9時以降は一品可)と、それに合わせた日替りのグラスワイン10種類。極上のペアリングで、新たな美味に出合えます。

    撮影/竹中稔彦 取材・文/中井シノブ
    『婦人画報』2015年8月号 別冊付録「京の甘いもん京の辛いもん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 ワインと和食 みくり
    店名(ひらがな) わいんとわしょく みくり
    住所 京都市中京区木屋町通二条東入ル 東生州町38-1
    TEL 075-744-6774
    営業時間 17時30分~23時30分(L.O.)
    定休日 不定休
    予約
    URL
    コメント 平均予算10,000円~13,000円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    アルザス「マルク・テンペ」のビオワイン「ピノ・ブラン ツェレンベルグ」1,300円は、豚肉料理に合います。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ