東福寺

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    東福寺

    永遠のモダンと称されるお庭と歴史ある建造物の美しさ

     京都五山文化の一角を担う巨刹。当時奈良最大の規模を誇った東大寺と最大の栄華を極めた興福寺の二大寺にちなんで名付けられました。「洪基を東大に亜ぎ、盛業を興福に取る」という意味が込められたもの。仏殿本尊の釈迦仏像は高さ15メートル、左右の観音・弥勒両菩薩像は高さ7・5メートルで、新大仏寺とも呼ばれます。現在でも、鎌倉・室町時代の寺宝が残り、国宝・重要文化財の建造物が建ち並びます。


    『婦人画報』2013年12月号別冊付録 「京都のお寺さん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 東福寺
    店名(ひらがな) とうふくじ
    住所 京都市東山区本町15-778
    TEL 075-561-0087
    営業時間 開門時間 8時30分〜16時30分 (11月~12月初旬)、9時〜16時 (12月初旬〜3月31日)、 9時〜16時30分(4月〜10月31日) ※受け付けは閉門30分前まで
    定休日
    予約
    URL
    コメント 拝観料/通天橋・開山堂400円 方丈八相庭園400円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    東福寺といえば方丈庭園。昭和を代表する庭園家・重森三玲氏の代表作です。正方形に刈り込んださつきの緑と白砂で表現された市松模様の西庭、枯山水の南庭など、その表現はまさにモダニズム。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ