龍村美術織物

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
皇太子妃雅子様が召されたドレスの生地。反物に与えられた御銘は「明暉瑞鳥錦」。今上天皇明仁陛下の名にちなんだこの生地には、古代王冠の文様をモチーフとした鳳凰と龍が幾重にも織り込まれています。

    世界が認める織物界のハイブランド

     染織工芸における功績により芸術院恩賜賞を受けた初代龍村平藏氏が1894(明治27)年に創業。染織や古代裂の研究、復元で知られ、それらを元に作られた帯地の素晴らしさは、親交のあった芥川龍之介が新聞で称えたほど。現在では、もはや芸術の域と称される帯地をはじめ、打掛地、ドレス地のほか、緞帳やタペストリーなどの大物や高級雑貨まで、じつに多様な製品を手がけています。

    撮影/高橋克郎、安河内聡
    婦人画報2011年11月号「『京都の老舗』でお誂えしませんか」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 龍村美術織物
    店名(ひらがな) たつむらびじゅつおりもの
    住所 京都府京都市中京区柳馬場通御池下ル柳八幡町65 京都朝日ビル2階
    TEL 075‐211‐5002
    営業時間 9時〜17時30分
    定休日 土・日曜、祝日
    予約
    URL
    コメント

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ