たん義

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    たん義

    鱧の持ち味を引き出す秘伝のたれ。本格派の味を堪能

     老舗の京料理店の系譜を継ぐ、祇園の割烹料理店。夏の京料理の代表格である鱧(はも)を、気軽に味わえるのが夏季限定のランチ「はも丼」2,200円。新鮮な鱧を骨切りして白焼きし、初代から伝わる秘伝のたれを付けながら10〜15分かけてじっくり焼き上げた深い味わいの丼です。夜は会席料理のコース5,000円〜のほか、単品メニューも充実。なかでも、鴨のミンチとつくね芋をおかきで包んで蒸し、葛(くず)で餡かけにした「鴨万寿」は、もちもちとした食感と香りがたまらない、「たん義」伝統の味。訪れたら、ぜひ食べておきたい逸品です。昨年末、3代目が正式に暖簾を受け継ぎ、伝統の味を継承するとともに「お客様のリクエストにはなるべく応えたいと思っています」と新たな抱負を語ります。「仕込みをしながら夜までずっと開けているので、いつでもどうぞ」と、お昼時を逃したときにも心強い存在です。


    『婦人画報』2014年8月号別冊付録 「昼、祇園はたのし」、『婦人画報』2011年7月号 別冊「京都味土産」掲載 ※店舗の都合などで変更になる場合があることをご了承ください。

    INFORMATION基本情報

    店名 たん義
    店名(ひらがな) たんよし
    住所 京都府京都市東山区新門前通大和大路東入ル西之町210-2
    TEL 075-561-0446
    営業時間 12時〜21時(L.O)
    定休日 日曜、祝日
    予約
    URL
    コメント よこわ山かけ丼1,700円、かき揚げ丼1,000円なども。お弁当のお持ち帰り、仕出しなどの対応も可能。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    カウンター席なら京都に昔から伝わる鱧調理の技術を間近で見ることができます。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ