たん熊本家

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
高瀬側に面した表玄関。

    「味の芸術家」と呼ばれた初代の技を今に受け継ぐ

     「うちの料理は、自分では“もんもな料理”やと思てます。ここまで来るのには、長い時間がかかりましたが……」“もんも”とは、京都の言葉で飾り気がなく地味、という意味。謙遜と自負を込めて語る、「たん熊本家」の3代目主人栗栖熊三郎さんの言葉には、今は亡き初代が遺した「味の財産」への思いが宿ります。夏、「たん熊本家」では、鴨川に面した「床」が設けられます。爽やかな川風に吹かれ、瀬音を楽しみながらいただく料理は、また格別。冬の名物のまる鍋(すっぽん)を、あえて夏の時季にいただく、という「通人」も増えてきたそうです。


    『婦人画報』2010年7月号 別冊「おいしい京都137軒」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 たん熊本家
    店名(ひらがな) たんくまほんけ
    住所 京都市下京区木屋町通仏光寺下ル
    TEL 075-351-1645
    営業時間 11時30分〜13時30分 17時〜20時(ともにL.O.) 
    定休日 不定休
    予約 要予約
    URL
    コメント 昼 おまかせ5,250円〜、夜 おまかせ15,750円〜。床は5月〜9月末、夜のみ。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    初代主人は、谷崎潤一郎や吉井勇など数多くの文化人に「味の芸術家」と絶賛された伝説の料理人。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ