匠 奥村

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
手前から筍とやりいかの木の芽和え、オマール海老といちごのサラダ、赤貝のマスタード和え、フォアグラと杏のミルフィーユなど、桜意匠の前菜を藤平寧作の個性的な器に盛って。

    はんなりとした雰囲気のなか、匠の旬味を味わう

    京らしい風情に溢れた、祇園花見小路の東側にひっそりと建つ「匠 奥村」は、フレンチ懐石の先駆者、奥村眞三さんの子息・直樹さんが手がけるお店。「ゆっくりと個室で味わう」がコンセプトで、店内には、坪庭を臨む漆のカウンター席や、掘りごたつの個室など、それぞれに意匠の異なる空間が4つ。料理長を務めるのは、「祇園おくむら」で腕を振るった実力派の福山伸宏さん。京都の食材を知り尽くした繊細な料理を、古伊万里、京焼、現代作家ものなど、多彩な器に盛り付けます。坪庭を臨む漆塗りのカウンター席、掘りごたつの個室、お座敷、テーブル席の個室。お茶屋が連なる花見小路の町並みに溶け込むようなたたずまいの「匠 奥村」の店内は、和洋折衷の心地よさが溢れています。


    『婦人画報』2012年4月号 別冊 日本全国桜の「美味手帖」、『婦人画報』2010年7月号「おいしい京都137軒」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 匠 奥村
    店名(ひらがな) たくみ おくむら
    住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-6
    TEL 075-541-2205
    営業時間 12時〜13時30分 17時30分〜21時(ともにL.O.)
    定休日 無休
    予約 要予約
    URL
    コメント 昼コース6,825円〜 夜コース15,750円〜 昼夜ともできれば予約を。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    鴨川まで足を延ばして川沿いにどこまでも連なる桜を見ながらの散歩も風情があります。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ