真如堂

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
「涅槃の庭」は、大文字山などを借景とした枯山水の庭園。

    紅葉越しに見上げる三重塔は出色の美しさ

     984年に比叡山に祀られていた慈覚大師作の阿弥陀如来を都に遷座して開山。応仁の乱などで数回移転した後、1693年に現在の地に復しました。御本尊は、とくに女性を救ってくださる阿弥陀如来。脇士の不動明王は安倍晴明を突然死から救ったという霊仏です。書院には釈迦涅槃をモチーフにした「涅槃の庭」と家紋をイメージした「隨縁の庭」があります。春の新緑、秋の紅葉が、とりわけ美しいお寺です。


    『婦人画報』2013年12月号別冊付録 「京都のお寺さん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 真如堂
    店名(ひらがな) しんにょどう
    住所 京都市左京区浄土寺真如町82
    TEL 075-771-0915
    営業時間 開門時間/9時〜16時 ※受け付けは15時45分まで
    定休日
    予約
    URL
    コメント 拝観料/境内自由  本堂・庭園500円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    本尊の阿弥陀如来像は「都を出て衆生、わけても女人を救い給うや」の問いに3度うなずいたという伝説から、「うなずきの阿弥陀」と呼ばれています。古来より、女性を救う仏さまとして信仰を集めています。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ