ラ・カラ

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
 週末に焼くことが多いという「キッシュ」650円。フードメニューはほぼすべて、中﨑さんによる手作り。

    家飲みのようにほっこりできる 小さな隠れ家のような場所

    木屋町と先斗町の間のディープなお店がひしめく路地の中にポツンとある、可愛らしいイラストの看板が目印。丁寧にセレクトされた自然派ワインと一緒に、「クスクスのカレー」や「ハンバーグ」など、食事もできるメニューもあり、遅い時間まで営業しています。お店は今年で5年目を迎え、友人の家を訪ねるようにくつろぐ常連の姿もちらほら。他業種からソムリエに転身した店主の中﨑みどりさんは、「一日の終わりにほっとひと息つける場所」としてのバーの楽しみ方をお客さんの立場から学んだそうで、聞き上手な大人の接客で癒してくれます。


    『婦人画報』2016年8月号 別冊「京都のおいしい酒場」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 ラ・カラ
    店名(ひらがな) ら・から
    住所 京都市中京区下樵木町199-2 13番路地北側2F
    TEL 080-6221-3636
    営業時間 18時~翌2時
    定休日 水曜
    予約
    URL
    コメント カード不可。平均予算3,000円〜4,000円。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    料理はすべて中﨑さんの手づくり。ふらっと立ち寄るなら、比較的空いている平日がおすすめです。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ