仁和寺

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
重要文化財の五重塔を望む緑深い庭からの眺めも美しい。

    広大な境内に壮麗な伽藍が風格を漂わせる

     京都の西、きぬかけの道沿いに建つ二王門が威容を誇る、真言宗御室派の総本山仁和寺。世界遺産にも登録されているこの寺は、仁和4(888)年、宇多天皇により創建され、皇族が門跡を務めたことから御室御所とも呼ばれました。 緑に包まれた9万平米の寺域に、本尊の阿弥陀三尊を祀る本堂の金堂や五重塔をはじめ、国宝や重文の堂宇が点在。御殿では、御所風の宸殿を飾る豪華な襖絵や螺鈿細工、趣の違う2つの庭や光格天皇遺愛の茶室など、門跡寺院ならではの雅な風情を感じさせます。 また、仁和寺といえば、与謝蕪村ら多くの歌人に詠まれた名勝「御室桜」が有名。中門内の西側に植えられた遅咲きの桜の林で、この地特有の背丈の低い姿が、江戸のころより庶民に親しまれてきました。五重塔を背にしてたくさんの御室桜が咲き誇る様子は、まさに壮観。4月の開花時期は、多くの花見客で賑わいます。


    『婦人画報』2013年12月号別冊付録 「京都のお寺さん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 仁和寺
    店名(ひらがな) にんなじ
    住所 京都市右京区御室大内33
    TEL 075-461-1155
    営業時間 開門時間/御殿9時〜17時(3月~11月)〜 16時30分(10月~2月) 霊宝館(春季・秋季) 9時〜17時 ※受け付けは閉門30分前まで
    定休日
    予約
    URL
    コメント 拝観料/境内自由 御殿500円  霊宝館500円(春季・秋季の期間限定)  特別入山料(御室桜開花期間)500円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    境内裏手の山には、御室八十八カ所霊場という巡拝コースがあります。約3キロの山道に弘法大師をお祀りする御堂が設けられ、季節の自然を楽しみながら、2時間ほどかけてご参拝いただけます。(ご住職より)

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ