二條 葵月

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
「月コース」5,000円の料理から。寿司は、鱧昆布締めなど、おまかせ5貫で。

    創意溢れる和食と寿司を リーズナブルに味わう

    真っ白な檜のカウンターが清々しさを感じさせる、気軽な和食店です。店主の森本 彰さんは山口県の実家が寿司店で、自身は東京や京都の飲食店で腕を磨きました。昨夏の独立に際し「寿司もお肉も食べられる店にしよう」と、和食の枠にとらわれないメニュー構成に。なかでも、名物の「うにあいすと胡麻豆腐」は、ほかでは味わえない創味。飲み比べセットもある山口の地酒を合わせて味わうのがおすすめです。寿司は小ぶりに握り、醤油をひとはけ塗ってつけ台へ。女性が食べやすいようにとの心配りが感じられます。

    撮影/高見尊裕 取材・文/中井シノブ
    『婦人画報』2015年8月号 別冊付録「京の甘いもん京の辛いもん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 二條 葵月
    店名(ひらがな) にじょう きづき
    住所 京都市中京区二条通柳馬場東入ル晴明町659 ヴァインオークFINE 1階
    TEL 075-708-2202
    営業時間 12時~14時 17時~21時30分(ともにL.O.)
    定休日 日曜
    予約
    URL
    コメント 平均予算5,000円~6,500円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    森本さんの出身地・宇部市「永山本家酒造場」の「貴」は、飲み飽きない味のよさが食中酒にぴったり。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ