南禅寺

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
寛永5(1628)年に再建された重要文化財の三門は、日本三大門のひとつ。

    「絶景かな」で知られる風光明媚な塔頭寺院

     鎌倉時代、亀山法皇が離宮を寄進して禅寺とし、無関普門を開山に迎えたことに始まります。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな…」と感嘆する場面の舞台・三門の先には、約300本の紅葉が彩る境内。古代ローマの水道橋を模した煉瓦造りの水路閣が真っ赤な紅葉に彩られる様は、まさに「絶景かな」の台詞にふさわしく、桜並木で知られる傾斜鉄道跡など、季節ごとにいきいきとした表情を見せてくれます。


    『婦人画報』2013年12月号別冊付録 「京都のお寺さん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 南禅寺
    店名(ひらがな) なんぜんじ
    住所 京都市左京区南禅寺福地町16
    TEL 075–771–0365
    営業時間 開門時間/8時40分~16時30分(12月~2月)、~17時(3月~11月)※受け付けは閉門20分前まで
    定休日
    予約
    URL
    コメント 拝観料 /方丈庭園500円  三門500円 南禅院300円

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    小堀遠州の作と伝えられる、大方丈前面の方丈庭園「虎の子渡しの庭」や、日本三大門のひとつで別名「天下竜門」とも呼ばれる三門は、通常公開されています。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ