紫野和久傳

AREA :
TAG :

SHARE THIS SPOT


「二段弁当」は、ジェイアール京都伊勢丹B2老舗弁当コーナーでも購入可能。 ジェイアール京都伊勢丹075-352-1111(大代表) 営業時間:10時~20時  ※月曜の販売なし(月曜が祝日の場合、火曜の販売なし)

鯛の黒寿司に 料亭の味の数々を加えて

独自の創意を加えた日本料理やおもたせで知られる「紫野和久傳」の二段弁当(4,500円)。「料亭で味わうものと同質の味や感動を伝えたい」と心を込め作ります。上段には、だし巻き玉子、蛸の柔らか煮、いかの黄味焼き、春の食材では鯛の子や山菜、筍など、15種以上の料理がぎっしりと詰まっています。下段は、いまや和久傳名物ともいえる「鯛の黒寿司」。鯛の薄造りを敷き詰めた人気の特製ちらしです。ジェイアール京都伊勢丹で購入できるので、京都に着いたらまずはこのお弁当を手に入れ、目指す東寺へと足を向けるのもいいでしょう。また、高台寺の本店では毎年11月に入ると、貴重な間人蟹を炭火で焼く、名物「蟹焼き」が始まります。それをお菓子に仕立てたものが「蟹おかき」(20本入り・3,150円)。おもたせを扱う「紫野和久傳」の冬の銘菓です。上質の国産水稲米と松葉蟹を使用し、一つひとつていねいに手焼き。磯の香りが漂ってきそうな蟹の風味と、蟹の足を思わせる独特な姿がたまりません。食べ応えのある大きさも魅力。

取材・文/中井シノブ、撮影/久保田康夫
『婦人画報』2016年8月号「ボンとジョウの京都美食アドレス」、 2015年3月号別冊「そうだ 桜の京都、行こう。」、2012年1月号別冊「年末年始買い出しガイド」掲載

INFORMATION基本情報

店名 紫野和久傳
店名(ひらがな) むらさきのわくでん
住所 京都市北区紫野大徳寺南門東入ル
TEL 075-495-6161
営業時間 10時30分~19時30分、2階茶菓席11時30分~18時(L.O)
定休日 無休
予約
URL
コメント 「二段弁当」は、ジェイアール京都伊勢丹B2老舗弁当コーナーでも購入可能(※月曜の販売なし)。おもたせ専門の紫野和久傳 堺町店もあり。

MAP地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENTSコメント

婦人画報編集部

取材メモから

蟹おかきの販売期間は11月上旬〜3月末。蟹の栄養が丸ごと取り込めるよう、松葉蟹を殻のまま使用しています。

RECOMMEND

こちらもおすすめ