北野天満宮

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
絢爛豪華な桃山様式を伝える本殿。境内のあちこちには神使いである牛の像が祀られている。

    全国から受験生が訪れる学問の神様。梅や紅葉も楽しみ

     「北野の天神さん」と、京都の人に呼び親しまれる「北野天満宮」は、947(天暦元)年の創建。菅原道真公を皇城鎮護の神として祀るため、多治比文子(たじひのあやこ)らが北野の右近馬場に神殿を造ったのが始まりとされる、全国の天満宮の宗祀(総本社)です。道真公が幼少より学問に秀で、学者・政治家として活躍したことから特に学問の神様として名高く、全国から受験生が多数お参りに訪れます。現在の本殿は、1607(慶長12)年に豊臣秀頼公が造営した桃山建築で、国宝。重文の中門(三光門)、東門、校倉(あぜくら)なども同時期に建てられたものです。また、道真公が特に梅を愛でられたことから、ここには約1500本の梅が植えられており、2月上旬〜3月中旬には梅苑をはじめ境内一円で梅の花が咲き誇ります。道真公の月命日である毎月25日には、骨董や古着などの露店が並ぶ「天神市」が開かれ、掘り出し物を求めてやってくる老若男女で大そう賑わいます。


    「婦人画報」2012年2月号 別冊「京都の神社」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 北野天満宮
    店名(ひらがな) きたのてんまんぐう
    住所 京都府京都市上京区馬喰町
    TEL 075-461-0005
    営業時間 参拝(開門)時間:5時30分〜17時30分(受付9時〜17時) 
    定休日
    予約
    URL
    コメント 境内の「もみじ苑」には秀吉公が築いた「御土居」の一部が残されている。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    梅の名所でもあるここでは梅に関連した行事も多数あります。道真公の命日の2月25日に営まれる「梅花祭」では、神事とともに、上七軒の芸舞妓らの奉仕による野点が行われ、華やかな雰囲気に包まれます。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ