割烹 蛸八

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
玉子豆腐400円、ずいきの胡麻酢和え500円。

    毎夕通う人もいる京都人の安らぎの小料理店

    新京極の一角に先代が店を構えて37年、京都の旦那衆が気軽に通う割烹。11席のカウンターはお客同士の距離が近く、自然に打ち解けた雰囲気になって京の素顔に触れるよう。2代目の主人 掛谷浩貴さんの気配りも嬉しく、魚を中心に季節の品が好みの調理法で楽しめます。丁寧に仕込んだおいしい料理を清潔な空間でお客様へ、という飲食店のあるべき姿を、守り続けてきた信頼できるお店。錦市場から仕入れる旬の味覚を盛り込んだメニューは、シンプルながら、素材のよさやちょっとした調理の工夫に力量を感じます。

    撮影/竹下さより、伊藤 信(2016年8月号分)
    『婦人画報』2016年8月号別冊付録「京都のおいしい酒場」、2015年8月号「暮らすように旅する京都」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 割烹 蛸八
    店名(ひらがな) かっぽう たこはち
    住所 京都市中京区蛸薬師通新京極西入ル東側町498
    TEL 075-231-2995
    営業時間 18時~23 時( L.O.22時30分)
    定休日 日曜  
    予約 予約が望ましい
    URL
    コメント 予算は1人5,000円~6,000円。カード不可

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    品書きには食材の名前だけ。「鱧」なら“落とし”か“焼き”かなど、好みで注文しましょう。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ