甘泉堂

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    甘泉堂

    「路地奥に名店あり」を体現する小さな和菓子店

     祇園の少し奥まった場所に位置する、知る人ぞ知る老舗。派手さはないものの、職人の技と心が感じ取れる逸品が揃い、長く地元の人々から愛されてきました。店先の小さなショーケースには、名物の最中や羊羹などが少しずつ並びます。五色の皮にこし餡、柚子餡、味噌餡など5種類の餡が入った「五しき最中」はこちらの看板商品。皮の淡くやさしい色合いがなんともはんなりした美しさ。どれからいただこうかと迷う時間も幸せなひとときです。爽やかな甘さの水羊羹(1本 1,900円)は4月上旬〜9月限定。代わって秋から春は、栗むし羊羹がお目見え。


    「婦人画報」2010年7月号別冊「おいしい京都137軒」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 甘泉堂
    店名(ひらがな) かんせんどう
    住所 京都府京都市東山区祇園東富永町
    TEL 075-561-2133
    営業時間 10時〜22時
    定休日 日曜
    予約
    URL
    コメント 四条通りに「甘泉堂」の看板が掲げられていますが、お店はそこから細い路地を入った奥に。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    「五しき最中」と並ぶもう一つの名物「とりどり最中」は直径13センチのビッグサイズ。皮のパリッとした食感を壊さないよう、注文を受けてから餡を詰めてくれます。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ