かみ添

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
唐紙の製作風景。

    コレクションしたいほどの手仕事にうっとり

    アメリカでグラフィックデザインを学び、唐紙の老舗で技法を習得した嘉戸浩さんが、多様な版木を使い、手刷りで文様をうつしたさまざまな紙ものを企画、制作。工房1階のこじんまりとしたショップスペースには、季節ごとの色や文様を用いた唐紙のカードや便箋、ポチ袋などが少しずつ並びます。部屋の日差しや灯りによって微妙に表情を変える美しさが唐紙の魅力。パネルや襖、壁紙なども要望に応じて制作。オリジナルの版木から作ることができ、嘉戸さんが直接対応してくれます。

    撮影/伊藤 信
    『婦人画報』2016年8月号、『婦人画報』2013年3月号掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 かみ添
    店名(ひらがな) かみそえ
    住所 京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
    TEL 075-432-8555
    営業時間 11時〜18時
    定休日 月曜、臨時あり
    予約
    URL
    コメント

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    オーダーを希望の場合は要予約。襖用の唐紙は1枚15,000円〜(工費は別途)。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ