伊豫又

AREA :
TAG :

SHARE THIS SPOT


さば姿ずしと雀ずし詰め合わせ3,720円(2人前、箱代込)。

20代続く京都を代表する寿司処

 京都の台所、錦市場の中に店を構える老舗寿司店。初代が伊豫の国から京都に移り住んだのは1618(元和3)年のころ。魚の仲介業を営んだ後、徐々に仕出しも手がけるようになり、戦後は寿司を専門に扱うようになったそうです。現在は20代目が暖簾を守っています。江戸前もありますが、ぜひ食したいのが鯖寿司。秋に獲れた日本海産の鯖のみを使い、まろやかな千鳥酢と絶妙の塩加減で、脂っぽさを抑えつつ旨みを引き出しています。いついただいても口にやさしくほっとする味わいに、一つまた一つ、と平らげてしまいます。


婦人画報2011年11月号「『京都の老舗』でお誂えしませんか」掲載

INFORMATION基本情報

店名 伊豫又
店名(ひらがな) いよまた
住所 京都府京都市中京区錦小路通麩屋町西入ル
TEL 075‐221‐1405
営業時間 10時〜19時(18時L.O.)
定休日 水曜
予約
URL
コメント カウンター6席、テーブル12席、小あがり16席

MAP地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENTSコメント

婦人画報編集部

取材メモから

「さば姿ずし」「雀ずし」の折り詰めや持参した皿への盛り込みは前日までに要予約。期間限定(6月下旬〜9月)のはも寿司の予約は2日前まで。

RECOMMEND

こちらもおすすめ