今宮神社

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
境内は広く、疫社、織姫社をはじめ、大将軍社、日吉社など数多くの社が点在。

    はるか平安の時代から病を鎮め人々の健康を護る古社

    「今宮神社」の起源は紫野の船岡山に疫神を安置し、悪疫退散を祈ったことに始まります。1001(長保3)年に現在の地に遷され、新たに神殿を設けて大己貴命(おおむなちのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)をお祀りし、「今宮神社」となりました。花の霊を鎮めて無病息災を祈る「やすらい祭」や「今宮祭」などの祭事が今も盛大に営まれます。神社内には、織物の始祖とされる栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)を祀る織姫社もあり、西陣の人々の暮らしに深く根差しています。


    『婦人画報』2012年2月号 別冊「京都の神社」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 今宮神社
    店名(ひらがな) いまみやじんじゃ
    住所 京都府京都市北区紫野今宮町21
    TEL 075-491-0082
    営業時間 参拝自由 (受け付け9時〜17時)
    定休日
    予約
    URL
    コメント 毎月1日、境内で「今宮市手作りフリーマーケット」が催される。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    境内にある「阿呆賢(あほかし)さん」は不思議な霊石。3度叩いて持ち上げ、次に願いを込めて3度撫でて持ち上げて最初よりも軽ければ願いが叶うとか。石を撫でた手で体の悪いところをさすれば回復が早まるそうです。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ