ギャラリー遊形

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
昼間にくつろぐ場所を演出する「デイベッド」。ごろんとお昼寝もでき、サイドテーブルを近くに引き寄せ、ちょっとした書き物や読書にも使うことができてオールマイティ。67×172cm。

    俵屋旅館プロデュースの逸品がそろう

     日本を代表する京都の名宿「俵屋旅館」。館内のさまざまな道具や小物類などの多くが、実はオリジナルアイテムです。部屋に置いた可愛らしい針箱が、宿泊客に好評だったことから始まったオリジナルアイテムも、今や400点以上になりました。発案からデザイン、試用まで、すべての工程に関わるのが俵屋当主の佐藤 年さん。「俵屋」という器にふさわしいものを探してもなかなか見つからず、それなら自分で作ろうと思って作り始めたら、どんどん増えてきたという次第です。いずれの品も、佐藤さん自ら、工房や作家と、細やかなやりとりを通じて生まれたもの。それらの品を購入できるのが、俵屋が手がける「ギャラリー遊形」です。展示品は、タオル、リネン、ナイティ、寝具、陶器、食品など衣食住の多岐にわたり、どれをとってもモダンで、かつ伝統ある旅館のセンスが光るもの。毎日の暮らしで使ってみたいアイテムばかりです。


    『婦人画報』2010年8月号「買いたい京都」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 ギャラリー遊形
    店名(ひらがな) ぎゃらりーゆうけい
    住所 京都府京都市中京区姉小路通麩屋町東入ル姉大東町551
    TEL 075-257-6880 
    営業時間 10時〜19時
    定休日 第1・3火曜日(4・5・10・11月は無休)
    予約
    URL
    コメント

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    店内には使い心地、デザイン、素材すべてにこだわった商品が展示され、訪れて触れてみるだけでも、自分のセンスを磨いてくれそうです。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ