祇園 金瓢

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
天井高のある土間。手前には器のギャラリーがあり、宿泊者には素敵な器も貸し出してくれる。

    土間で小さな音楽会ができる町家

     文化7年創業の造り酒屋「金瓢」。ここは、立派な商家の母屋をできる限り残し、広い玄関と大きな土間が特徴の町家です。通常町家は近隣に接近しているため、音を出すのは禁止されているのですが、ここは1階の土間であれば、カルテットやダンスのお披露目などができる稀有な一軒。最大10名まで宿泊できるので、京都でプチ同窓会をするのもおすすめです。 祇園の花街にありながら実はとても静か。2泊するなら1日目は併設する器のギャラリーを覗き、夜は土間には囲炉裏があるので、近くで京野菜やつまみを買い「金瓢」のお酒とともに思い出話に花を咲かせましょう。2日目は朝から観光を楽しみ、遊び疲れ町家に戻ってからも“京都暮らし”を満喫。205年の趣ある商家での滞在は、忘れられない旅となるでしょう。


    『婦人画報』2013年12月号 「京都の宿」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 祇園 金瓢
    店名(ひらがな) ぎおん きんぴょう
    住所 京都市東山区古門前三吉町335
    TEL 075-708-5143
    営業時間
    定休日
    予約
    URL
    コメント 1泊40,000~70,000円 (2〜7名で借りる場合の1棟あたり) 最大7名利用可 ※料金はシーズンと曜日によって異なります。 IN 15時 OUT 11時 ※連泊割引あり。 無料貸し出しの自転車あり。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ