祇をん 段ばた

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
「豆乳のブランマンジェ 雲丹と海老 菜の花」。北海道産の生うにととろけるような甘海老を、出汁ベースの菜の花ソースが引き立てる。

    和・仏・中が混ざり合う独創的な料理

    建仁寺や円山公園など桜名所からも近い祇園甲部に建つ、ジャンルにとらわれない独自の料理が魅力の料理店。京都の有名ホテルや「よねむら」、中華料理店など、さまざまな名店で多彩な技を身につけた段畑祐介さんによる一軒です。「食材を吟味し価格は抑えめに。献立は二十四節気に合わせて。幅広い層のお客様に気軽に通ってもらえる店にしたい」と話します。春の節気、啓蟄のランチでは、菜の花を刻み、昆布と鰹の出汁を加えた和風仕立ての豆乳ブラマンジェ、締めには、焼きおにぎりや卵かけご飯など。独創的なコースが目も舌も楽しませてくれます。

    撮影/伊藤信 取材・文/中井シノブ
    『婦人画報』2019年4月号「お花見ランチ」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 祇をん 段ばた
    店名(ひらがな) ぎおん だんばた
    住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-128
    TEL 075-585-5747
    営業時間 12時~14時、17時30分~21時(ともにL.O.)
    定休日 月曜
    予約
    URL
    コメント 昼5,000円、夜10,000円(ともに税込)

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ