醍醐寺

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    醍醐寺

    秀吉も愛した絢爛豪華な桜に囲まれた世界遺産

     創建は貞観16(874)年の世界遺産。空海の孫弟子・理源大師聖宝が醍醐山上に草庵を営んだのに始まります。醍醐山全体を寺域とし、山上の上醍醐、山下の下醍醐からなり、80以上の伽藍が建ち並んでいます。醍醐天皇の冥福を祈るために建てられた五重塔のほか、塔頭の三宝院は表書院や唐門等の国宝や重要文化財を含む十数棟の建物で構成されており、回遊式庭園は特別史跡、特別名勝です。


    『婦人画報』2013年12月号別冊付録 「京都のお寺さん」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 醍醐寺
    店名(ひらがな) だいごじ
    住所 京都市伏見区醍醐東大路町22
    TEL 075-571-0002
    営業時間 開門時間(三宝院庭園・殿舎、伽藍霊宝館)9時〜16時(3月〜12月の第1日曜日)、〜17時(12月の第1月曜日~2月)※受け付けは閉門30分前まで 拝観料 建物によって異なる
    定休日
    予約
    URL
    コメント 拝観料/建物によって異なる

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    太閤豊臣秀吉が贅を尽くした「醍醐の花見」を行なったことで桜が有名です。河津桜をはじめ、枝垂れ、ソメイヨシノ、山桜、八重桜、三宝院の大紅枝垂れと約3週間、さまざまな桜が咲き誇ります。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ