粟田神社

    AREA :
    TAG :

    SHARE THIS SPOT

    
江戸時代に建てられた荘厳な本殿。

    旧東海道の西の端に旅の無事を祈ってお参りを

     京都の東の出入り口に位置したことから、ここを最後に都を離れる、または都に戻る象徴として東海道を行き来する旅人がお参りしたのが始まり。今やすっかり旅行、交通時の身の安全を祈願し、無事を感謝して訪れる神社となりました。小高い場所にあるため境内からの眺めも素晴らしく、比叡山から愛宕山までが一望に。送り火の際には左大文字と船形も見ることができます。旅のかなたに思いを馳せて道中の安全を祈りましょう。


    「婦人画報」2012年2月号 別冊「京都の神社」掲載

    INFORMATION基本情報

    店名 粟田神社
    店名(ひらがな) あわたじんじゃ
    住所 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1
    TEL 075-551-3154
    営業時間 参拝(開門)時間:6時〜17時
    定休日
    予約
    URL
    コメント 毎年7月最終土曜日(雨天の場合は翌週)には境内で納涼ビアガーデンが催される。

    MAP地図

    周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

    COMMENTSコメント

    婦人画報編集部

    取材メモから

    体育の日には「神幸祭」が行われます。このときに町内を練り歩く数基の剣鉾は、祇園祭の山鉾の原形になったといわれています。前日の「夜渡り神事」、10月15日の「例大祭」等と合わせて「粟田祭」と呼びます。

    RECOMMEND

    こちらもおすすめ