あと村

AREA :
TAG :

SHARE THIS SPOT

あと村

素材を生かした本格割烹が肩ひじ張らずに楽しめる

 木屋町通りを四条から南へ歩いた鴨川沿いに店を構える「あと村」は、奇をてらわない料理と誠実なもてなしで人気の割烹。独自のスタイルで楽しませてくれる一軒として地元客で常に賑わいます。春は鯛、夏は鱧、秋は松茸、冬は蟹と、旬の素材をたっぷり使い、その持ち味を大切に仕上げられた料理は、素直に「おいしい!」と感じられるものばかり。特に女性に人気なのが、お昼の籠盛り弁当。出汁巻きや鴨ロース、海老の旨煮のほか旬の野菜を使ったお料理がぎっしり詰まっていて、どこから手を付けようかと迷うほど。ちょっと特別な日のランチにぴったりです。

撮影/東谷幸一 取材・文/佐藤和佳子
『婦人画報』2011年7月号「京都」の食を10倍楽しむ」掲載、2011年7月号別冊「京味土産」掲載

INFORMATION基本情報

店名 あと村
店名(ひらがな) あとむら
住所 京都府京都市下京区木屋町四条下ル斎藤町139
TEL 075-343-3770
営業時間 11時30分〜14時 17時〜21時30分(ともにL.O.)
定休日 無休
予約
URL
コメント お昼のミニ会席、夜のコース料理は要予約。仕出しや折り詰めもある。夏は川床も。

MAP地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENTSコメント

婦人画報編集部

取材メモから

夏の定番は鱧尽くし。主人の後村明さんが先駆けて提案したという鱧の焼き霜は、鱧のより濃厚な甘みを味わえる一品。本当の鱧のおいしさを覚えたと喜ぶお客さんも多いそう。

RECOMMEND

こちらもおすすめ