TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

洋食文化が根付くのも京都ならでは

京の旦那衆にも愛されてきた「洋食の名店」8選

京都人がランチに行く際、必ずといっていいほど候補にあがるのが洋食! 京都には昔から、各街に美味しい洋食屋さんがあり、京都の粋な旦那さんはじめ、地元の老若男女に愛されています。ハンバーグに海老フライ、オムライスにクリームコロッケ……。お店によって名物があり、その味わいもスタイルもさまざま、店主の個性が光ります。ドレッシング一つにいたるまで、丁寧に手作りされた変わらぬ定番の味をいかがでしょう。和食を食べ飽きたときにもおすすめです。

2/7

フクヤライス。女性好みの華やかな一品にもかかわらず、840円とお値段はお手頃。

02

 

【グリル富久屋】芸妓さんのリクエストで誕生。ここにしかない名物メニュー  

創業1907(明治40)年。花街・宮川町で舞妓さんや歌舞伎役者、地元の常連客に愛され続ける老舗の洋食屋が「富久屋」。店名から名付けられた名物の「フクヤライス」は、芸妓さんのリクエストで誕生した料理といわれています。トロトロの卵と、色とりどりにちりばめられたトマトやグリンピース、マッシュルーム……。運ばれてきた瞬間に歓声が上がる華やかさです。卵の下のケチャップライスはシンプルですが、爽やかな酸味が広がるあっさり感がたまりません。この味を目当てに、わざわざ遠方から訪れるファンもいるという、花街らしい小粋なメニューです。

2016年06月29日掲載

グリル富久屋

芸妓さんのリクエストで誕生。ここにしかない名物メニュー

 創業1907(明治40)年。花街・宮川町で舞妓さんや歌舞伎役者、地元の常連客に愛され続ける老舗の洋食屋が「富久屋」。店名から名付けられた名物の「フクヤライス」は、芸妓さんのリクエストで誕生した料理といわれています。トロトロの卵と、色とりどりにちりばめられたトマトやグリンピース、マッシュルーム……。運ばれてきた瞬間に歓声が上がる華やかさです。卵の下のケチャップライスはシンプルですが、爽やかな酸味が広がるあっさり感がたまりません。この味を目当てに、わざわざ遠方から訪れるファンもいるという、花街らしい小粋なメニューです。

グリル富久屋の詳細をみる

2016年06月29日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ