TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

最後の1滴までお出汁も飲み干して

並んでも食べたい、「名店」の京都うどん10店

“うどん文化圏”京都のおうどんといえば、ふんわりやわらかな麺と、しっかりと出汁をきかせた透き通るような薄味のお出汁が特徴です。開店前から行列ができる名店から深夜まで使える舞妓さん御用達のお店まで、ここに行けば間違いなしの10店をセレクト。薬味も、九条葱だったり、山椒だったり、どことなく京都らしさを感じる味わいです。

 
>>温かいのもいいけれど、冷たいのもいかが?「つるつる、極上の喉ごし! 夏の涼麺12選」
>>京都通なら知っている?「絶品ラーメン&餃子」の名店

4/10

04

 

【京うどん・生蕎麦 おかきた】初代の技に京都らしさをプラスしたやさしい味わいの京うどん  

昭和15年の創業以来、地元客から「ちょっとおかきたさん寄っていこか」と親しまれてきた京うどんとそばの店。こだわりの出汁は、初代が17年の修業で培った技をもとに、2代目が長年かけて完成させた渾身込めた作。その上品かつ深みのある味わいは、細めの手打ちうどんはもちろん、生麩や生湯葉、京野菜などの具材との相性が抜群です。きつねうどんは地元の豆腐店から毎朝仕入れる手揚げのうす揚げと九条ねぎの風味が出汁に染み出る人気の一品。とろとろ食感の丼メニューも見逃せません。

2016年03月17日掲載

京うどん・生蕎麦 おかきた

初代の技に京都らしさをプラスしたやさしい味わいの京うどん

 昭和15年の創業以来、地元客から「ちょっとおかきたさん寄っていこか」と親しまれてきた京うどんとそばの店。こだわりの出汁は、初代が17年の修業で培った技をもとに、2代目が長年かけて完成させた渾身込めた作。その上品かつ深みのある味わいは、細めの手打ちうどんはもちろん、生麩や生湯葉、京野菜などの具材との相性が抜群です。きつねうどんは地元の豆腐店から毎朝仕入れる手揚げのうす揚げと九条ねぎの風味が出汁に染み出る人気の一品。とろとろ食感の丼メニューも見逃せません。

京うどん・生蕎麦 おかきたの詳細をみる

2016年03月17日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ