TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

最後の1滴までお出汁も飲み干して

並んでも食べたい、「名店」の京都うどん10店

“うどん文化圏”京都のおうどんといえば、ふんわりやわらかな麺と、しっかりと出汁をきかせた透き通るような薄味のお出汁が特徴です。開店前から行列ができる名店から深夜まで使える舞妓さん御用達のお店まで、ここに行けば間違いなしの10店をセレクト。薬味も、九条葱だったり、山椒だったり、どことなく京都らしさを感じる味わいです。

 
>>温かいのもいいけれど、冷たいのもいかが?「つるつる、極上の喉ごし! 夏の涼麺12選」
>>京都通なら知っている?「絶品ラーメン&餃子」の名店

3/10

「冷やしちらし」1,300円は、麺に大和芋、オクラ、出汁巻き、出汁のジュレなどをトッピングし、鰹が効いたつゆをかけて味わう爽やかな夏のうどん。

03

 

【仁王門 うね乃】出汁のプロが生み出す香り高い京風うどん  

京都の出汁文化をいかしたうどんをと、出汁の老舗が始めたうどん店。利尻昆布と5種の削り節の出汁が効いた京風うどんは、無添加の自家製麺もやわらかい京風なのに、その奥にコシがあります。夏は季節限定の華やかな「冷やしちらし」や「梅とろろ」が女性に人気。楽しみにする人が多いという月替りの季節うどんも見逃せません。

2016年03月17日掲載

仁王門 うね乃

出汁のプロが生み出す香り高い京風うどん

京都の出汁文化をいかしたうどんをと、出汁の老舗が始めたうどん店。利尻昆布と5種の削り節の出汁が効いた京風うどんは、無添加の自家製麺もやわらかい京風なのに、その奥にコシがあります。夏は季節限定の華やかな「冷やしちらし」や「梅とろろ」が女性に人気。楽しみにする人が多いという月替りの季節うどんも見逃せません。

仁王門 うね乃の詳細をみる

2016年03月17日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ