TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都在住の写真家・中田 昭さんが厳選

撮りたくなる京紅葉

京都の風景を撮り続ける、写真家の中田 昭さんが思わずシャッターを切ってしまう感動の紅葉風景を教えていただきました。

 

[京都の紅葉情報 総集編はこちら]
 
>> 中田 昭さんの「紅葉」フォトギャラリーはこちらから
>>  第4回フォトコンテスト応募と作品一覧はこちら

1/5

01

東山屈指の名所「もみじの永観堂」 

永観堂禅林寺  

浄土宗西山禅林寺派の総本山。平安時代から紅葉の名所として知られ、約三千本のもみじが境内を赤く染める様はまさしく壮観。「ご本尊の阿弥陀如来像からは慈悲深さが伝わり、紅葉の美と調和して心に刻まれる」と中田さん。夕日を浴びる照り葉も美しく、高台から市内の眺望とともに楽しむのもまた格別。名所だけに、撮影をする場合は開門早々がおすすめ。

2014年『きょうとあす』責任編集「京都 花と紅葉さんぽ」掲載 花写真/中田 昭 取材/大喜多明子  2016年11月04日掲載

永観堂禅林寺

古典にも詠まれた東山屈指の紅葉の名所

 平安時代から紅葉の名所として人々を魅了し続け、「もみじの永観堂」とも呼ばれる東山屈指の紅葉スポット。約3000本ものもみじが境内を真っ赤に埋め尽くす様は、まさに壮観のひと言。浄土宗西山禅林寺派の総本山で、本尊は京都六阿弥陀のひとつである阿弥陀如来像。左肩越しに後ろを振り返ったような姿から「みかえり阿弥陀」と呼ばれます。桃山建築の本堂は1607年に四天王寺から移築したもの。

永観堂禅林寺の詳細をみる

2014年『きょうとあす』責任編集「京都 花と紅葉さんぽ」掲載 2016年11月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ