TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

モーニングやランチ、手土産にも!

これぞ京都流!舞妓さんもお気に入りの絶品「たまごサンド」5選

たまごサンドは、ゆで卵をマヨネーズで混ぜ合わせた「たまごサラダ」タイプが一般的ですが、京都の「たまごサンド」はひと味違います。 京都で「たまごサンド」と言えば、フライパンで焼き上げる卵焼きタイプを挟むのが定番です。一度食べたらやみつきになるこのふわふわ食感……魅惑のたまごサンドを食べるなら、京都の喫茶店へ行くのがおすすめです。
 
まずは王道、1932(昭和7)年創業、京都を代表する喫茶店「スマート珈琲店」のたまごサンド。辛子バターを塗ったパンにオムレツのような卵焼きをサンドしたシンプルな味わい。長年愛するファンも多いテッパンです。
 
最近、じわじわと注目を集めるのが、こちらの2軒。2012年2月惜しまれつつ幕を下ろした木屋町の洋食店「コロナ」から受け継いだ、伝説のたまごサンドを味わえる「喫茶 マドラグ」と、白川を一望できる場所にあり、朝7時からモーニングでたまごサンドが楽しめる「やまもと喫茶」です。
 
そして、もう一つ、卵焼きタイプではありませんが、花街で育まれたなんとも京都らしいたまごサンドが! 舞妓さんの口にも合う“おちょぼ”サイズが人気の「コーヒーショップ ナカタニ」。上品な味つけの卵サラダをトーストで挟んだ、どこか懐かしい味です。舞妓さんの化粧が崩れないようにと、小さくカットされていて、楽屋見舞いにも大人気。モーニングに、ランチに、ちょっとした差し入れに! 古都で愛される絶品たまごサンドをさまざまに、お楽しみください。
 
 

 

3/5

定番の「タマゴサンドウィッチ」はシンプルゆえに、ごまかしの利かない味。650円。

03

 

【スマート珈琲店】作る人の思いを挟んだ、やさしい味の卵サンド  

1932(昭和7)年に洋食店としてオープンし、戦後コーヒー専門店に。太秦の映画人も通った、京都を代表する名喫茶です。「目で見て、音を聞いて、香りを確かめて」、ロースターと会話をするように焙煎をするのだそう。3代目の元木章さんは、「モノではなく、手間を売る商売だと思っています」と話します。コーヒーをドリップで淹れる際にも、その時々の最上のものを提供し続けてきました。そんな元木さんが個人的に「大好き」と話す「タマゴサンドウィッチ」は、辛子バターを塗ったパンで卵焼きをサンドしたシンプルな一品。ふわふわとした卵の加減が絶妙です。

2016年04月05日掲載

スマート珈琲店

作る人の思いを挟んだ、やさしい味の卵サンド

1932(昭和7)年に洋食店としてオープンし、戦後コーヒー専門店に。太秦の映画人も通った、京都を代表する名喫茶です。「目で見て、音を聞いて、香りを確かめて」、ロースターと会話をするように焙煎をするのだそう。3代目の元木章さんは、「モノではなく、手間を売る商売だと思っています」と話します。コーヒーをドリップで淹れる際にも、その時々の最上のものを提供し続けてきました。そんな元木さんが個人的に「大好き」と話す「タマゴサンドウィッチ」は、辛子バターを塗ったパンで卵焼きをサンドしたシンプルな一品。ふわふわとした卵の加減が絶妙です。また、ホットケーキももうひとつの名物。創業当時からの配合で、どこか懐かしい味わいです。

スマート珈琲店の詳細をみる

2016年04月05日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ