TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

京都人「私のとっておき」旅ガイド

一歩踏み込んだお寺巡りをしたい人におすすめのコース

陶芸家・諏訪蘇山さんが提案するお寺で体験三昧

諏訪蘇山さんが、日ごろから親交のある高台寺、清水寺、建仁寺などを訪ね、茶会や暁天講座、座禅などを体験。純日本旅館に泊まり、京料理や夏座敷も満喫します。一歩踏み込んだお寺巡りをしたい人におすすめのコースです。

TRAVEL PLAN旅ガイド

  1. 01
    食材は余すことなく使い、煮物は旬の野菜を用い、ごま豆腐は夏は冷やし、冬は餡かけにされる。

    1日目 12:00 

    大徳寺内、泉仙 大慈院店

    おひるは精進料理を

    京都駅に10時ごろ到着し、宿に荷物を置いて、タクシーで大徳寺へ。大徳寺の塔頭のひとつ、大慈院の境内にある鉄鉢料理(精進料理)のお店。禅僧が托鉢に用いる鉄鉢を模した漆塗りの器を用い、自家製の湯葉やごま豆腐、野菜の天ぷら、白和えなどが彩り美しく出されます。「大人の京都を求める方におすすめです。とくに、夏は静かで、ゆっくりと過ごせます」
     
    京都市北区紫野大徳寺町 大慈院内
    tel. 075-491-6665 
    営業時間/11時~16時(最終入店)
    定休日/12月28日~31日 
    精進鉄鉢料理 3,150円~
    http://www.kyoto-izusen.com

  2. 02
    人通り少ない境内。寺は北大路通りの北に、総門は東の小道にある。

    1日目 13:30 

    大徳寺

    昼食後は大徳寺内を散策

    茶道とのゆかり深い大徳寺には22の塔頭があり、4つの塔頭は拝観が可能。「お茶会でよく寄せていただきます。いずれの庵も歴史があり、境内を散策するだけでも楽しいですよ」
     
    京都市北区紫野大徳寺町57
    tel. 075-491-0019
    大仙院、龍源院、瑞峯院、高桐院の4カ所は拝観可能。
    http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku

  3. 03

    1日目 14:30 

    圓徳院

    タクシーで圓徳院へ

    北政所ねねが、没するまでの19年間を過ごした地として知られ、今は高台寺の塔頭の一つ。桃山様式の庭園が美しく、お茶もいただけます(一服500円)。時間が許せば、ねねの道や石塀小路をひと巡りするのもおすすめ。
     
    京都市東山区高台寺下河原町530
    tel. 075-525-0101 
    開館時間/10時~ 17時(17時30分閉門) 
    料金/500円
    http://www.kodaiji.com/entoku-in 

  4. 04
    抹茶で作ったスウィーツ尽くしの「よくばりソフト」は高台寺店限定1,050円。

    1日目 15:00 

    茶寮 都路里 高台寺店

    パフェをいただく

    「行列が絶えない祇園店に比べ、圓徳院の境内にある都路里さんは比較的空いていて、穴場です」。スウィーツは抹茶の香りや色にこだわり、作りたてを提供。高台寺店限定メニューもあり、抹茶菓子も販売しています。
     
    京都市東山区下河原通高台寺門前
    下河原町530「京・洛市ねね」内 
    tel. 075-541-1228 
    営業時間/11時~18時(L.O.) ※ライトアップ期間中延長あり
    不定休
    http://www.giontsujiri.co.jp  

  5. 05

    1日目 17:00 

    高台寺

    夕涼みの茶会へ

    秀吉の菩提を弔うため、ねねが建立した高台寺では、毎月のように茶会が行われ、夏は浴衣で体験できる茶会も開かれます。茶席のあとは、創建時のままの姿を残す茶室の傘亭や小堀遠州作庭の庭も拝観でき、「桃山文化の粋に触れる、清新な時間が過ごせます」
     
    京都市東山区下河原町526 
    tel. 075-561-9966
    開館時間/l9時~17時 
    料金/600円 
    「夕涼み 浴衣の茶会」 2013年8月2日~18日の金・土・日曜17時~18時 要予約 
    2,500円、浴衣着用の場合2,000円(拝観付き)
    http://www.kodaiji.com

  6. 晴鴨楼

    1日目 18:30

    左/鱧寿司、たこの湯引きなどを盛った八寸。ひねりのある料理を楽しませてくれる。右/書院の趣を残す本館の客室。

    晴鴨楼へ帰館し、夕食

    京の風情漂う建物が目を引く天保2年創業の老舗旅館。書院造りの客間や大正モダンの応接間など、空間ごとに個性があり、多趣。料理にも独自の工夫がされています。
     
    京都市東山区問屋町通五条下ル
    tel. 075-561-0771 
    IN15時 OUT10時30分 
    料金/1泊2食付き26,250円~(2名1室利用時の1名料金)
    http://www.seikoro.com

撮影/内藤真保 取材・文/志村 笙
『婦人画報』2013年8月号「京都『黄金の一泊二日』」掲載 、2013年06月28日掲載

MAP地図

食べる・飲む: 食べる・飲む 泊まる: 泊まる 買う: 買う 観る・体験する: 観る・体験する

RECOMMEND

こちらもおすすめ