TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都の人が心待ちにする風物詩

夏の京都といえば、この和菓子

つるんとした食感、ひんやりとした涼感、そして見た目の美しさ。京都人がおすすめする夏の和菓子をお届けします。

7/7

07

 

【老松】愛でて感じて味わって、五感で楽しむ上七軒の銘菓  

お茶屋が軒を連ねる京都最古の花街、上七軒に1908(明治41)年創業。以来、朝廷に献上する有職菓子や茶席菓子を手がける傍ら、自然素材の風味をその まま生かした数々の銘菓を生み出してきました。数あるお菓子のなかでもやはり楽しみなのが季節の生菓子。職人の技と感性が凝縮された繊細な色や形は、食べるのがもったいないほど。夏蜜柑を丸ごと使った「夏柑糖」、蓮根の澱粉を寒天で固めた「蓮根餅」などは特に人気があります。「老松」の菓子には四季折々の 自然や行事が映し出され、私たちの目を楽しませてくれます。

2016年05月17日掲載

老松

愛でて感じて味わって、五感で楽しむ上七軒の銘菓

 お茶屋が軒を連ねる京都最古の花街、上七軒に1908(明治41)年創業。以来、朝廷に献上する有職菓子や茶席菓子を手がける傍ら、自然素材の風味をそのまま生かした数々の銘菓を生み出してきました。数あるお菓子のなかでもやはり楽しみなのが季節の生菓子。職人の技と感性が凝縮された繊細な色や形は、食べるのがもったいないほど。夏蜜柑を丸ごと使った「夏柑糖」、蓮根の澱粉を寒天で固めた「蓮根餅」などは特に人気があります。「老松」の菓子には四季折々の自然や行事が映し出され、私たちの目を楽しませてくれます。

老松の詳細をみる

2016年05月17日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ