検索結果

編集部おすすめの京都

旬のおすすめ旅ガイド エリア別一覧

夏は祇園祭に五山送り火、秋は紅葉に時代祭、春は桜に葵祭、そして知られざる冬の表情。四季折々の京都の魅力を堪能できる旅のプランをご提案。

河原町・木屋町・先斗町 祇園・清水・東山 四条烏丸~五条、西院 御池・御所・二条城 岡崎~銀閣寺 下鴨・出町柳・北白川
北山・鞍馬貴船・大原 西陣・北野天満宮 嵐山・嵯峨野・桂 京都駅・東山七条 伏見・山科・宇治ほか その他
すべてのエリア
八坂神社 節分祭

    【京都トレジャー】料理人が惚れ込む「樋口農園」の京野菜と京の節分参り2日間

    底冷えの厳しい京都の2月、京都の食文化に触れる旅をしてみませんか。1日目午前中は京都洛北鷹峯を訪れます。1616年(元和2年)日乾上人が創建、鷹峰檀林(学寮)と称された「常照寺」からめぐるのは、創業1805年(文化2年)、今なお手造りに徹した醤油づくりを行っている「松野醤油」。そして400年前から代々農業を営んできた「樋口農園」。ご昼食は地元の農園で採れる野菜などを使った、京都の素材にこだわった多彩なイタリアンのランチをご堪能いただきます。午後からは八坂神社での「節分祭」を見学し、1755年(宝暦5年)創業の「俵屋吉富」では和菓子をお楽しみください。2日目は終日フリータイムです。思い思いの京都をお過ごしください。

    京都トレジャー

      【京都トレジャー】京都の桜をゆったりと見学 貸し切り白龍園と都をどり2日間

      人混みを気にせずにじっくり、桜を観賞したい……。京都・旧鞍馬街道沿い、二ノ瀬のふもとに広がる「白龍園」はそんな贅沢な望みが叶う日本庭園です。桜が咲き誇るさまは桃源郷のよう。1日限定100人だけが訪れることができる、まさに桜の隠れ家。この「白龍園」を特別に貸し切ってご案内します。
       
      そして、京都に春を告げる風物詩「都をどり」は特別観覧席にてご観賞を。春ならではの味わいと美しさを堪能できるお食事は、「祇園丸山」の京料理や、桜が美しい円山公園に佇む「長楽館」のイタリアンをご用意しました。お泊まりは、2017年9月にオープンした「ホテル ザ セレスティン京都祇園」。大浴場もあり、旅の疲れを癒せます。桜の京都をゆったりと心ゆくまでお愉しみください。

      京都トレジャー

        【京都トレジャー】春の京都5つの桜名所めぐり 世界遺産 東寺桜のライトアップ 日帰り

        古くから桜の名所として知られる景勝地・嵐山をはじめ、楼上から境内の桜景色を一望できる南禅寺、糸桜など約一カ月にわたりたくさんの種類の桜が楽しめる京都御苑、珍しい桜が数多く咲く平野神社といったさまざまな趣の桜観賞を満喫したあと、旅の締めくくりは、妖艶な世界遺産・東寺の桜ライトアップへ。京を代表する5つの桜名所を効率よく巡る日帰りプランはいかがでしょう。お花見だけでなく、嵐山や南禅寺界隈の散策時間もあります。桜色に染まる優美な京都へ気軽にお出かけしませんか。

        京都トレジャー

          【京都トレジャー】洛北の鄙の里・花背 美山荘の摘草料理と春爛漫の京都2日間

          1日目は、京都有数の桜名所として知られる世界遺産・仁和寺へ。名勝御室桜を愛でたあと、嵐山の「茶寮八翠」で保津川の美しい風景を間近に眺めながら「和のアフタヌーンティー」をいただきます。
           
          2日目は、葵祭で有名な世界遺産・上賀茂神社へ。「御所桜」「斎王桜」「みあれ桜」など、葵祭にちなんだ風流な名が付いた桜の競演を楽しみます。昼食は、花脊の「美山荘」へ。洛中の喧騒から離れた里山の風情は、桃源郷のよう。旬の摘草料理をいただき、春の訪れを舌でも感じたいものです。

          新撰組

            【京都トレジャー】京都ぶらり古地図ウォーキング~幕末の新撰組ゆかりの地をめぐる~日帰り

            古地図を携え、古都のいまと昔を見比べながら専門ガイドと訪ねる新撰組ゆかりの地。時空を超えた散策はいかがでしょう。
             
            壬生に生まれ、幕末京都の治安を守った新撰組の最初の屯所、八木家。新撰組三大内部抗争の一つ、芹沢鴨ら4人が暗殺された奥座敷には刀傷が残り、その凄惨さを物語ります。ほかにも、隊士の墓がある壬生寺、新撰組記念館、旅の最後には隊士たちが通った花街・島原へ。高麗門形式の大門を通り、現在最古の置屋「輪違屋」を訪ねます。

            梅

              西陣・北野天満宮

              馥郁たる香が春を告げる北野天満宮の「梅花祭」

              寒さのなか、ほかの花に先駆けてほころぶ梅。その生命力溢れる姿は古くから愛され、奈良時代の花見といえば、桜ではなく梅だったといいます。この梅の花を愛した菅原道真公を祀る社「北野天満宮」には梅苑があり、約1500本の梅が境内にこぼれます。白色、淡紅、濃紅、紅白、そして一重、八重、枝垂れなど、さまざまな種類の梅が匂い立つように咲き乱れています。そんな早春の香り漂う北野天満宮では、道真公の祥月命日とされる2月25日にあわせて、梅の花を神前に供えて「梅花祭」が執り行われます。ふだんは、あまり目にすることのできない「梅花祭」の様子をお届けいたします。この日は、上七軒の芸舞妓がお茶をふるまう野点席も設けられるほか、参道に多くの露天が立ち並ぶ毎月25日の骨董市も催され、ひと際に賑わいに包まれます。

              上賀茂神社

                【名所・食事処・土産】この春行きたい!桜の京都案内まとめ38店

                1200年の古都がほんのり頬を染め、花の季節がまたやってきました。さあ、今年はどのお寺で桜を愛で、どこで美味しいものをいただきましょうか。お花見名所はじめ、ランチ&カフェ、甘味処、お土産や和菓子、花見弁当お花見まで。桜の京都がもっと、もっと楽しくなる38店を一挙ご紹介。

                下鴨神社

                  名所を巡る、京都花さんぽ【2月・梅】

                  2月から3月の京都を彩る梅の花。市内各所にある数多くの梅林、梅の木のなかから、ぜひ訪れたい名所をご紹介します。

                  チョコレート

                    意外な京土産の新定番!京都ショコラ14選

                    意外な京土産の新定番はショコラ? いま京都の甘いもん好きを魅了しているのは、京都発のショコラです。老舗から話題のBean to Barまで、職人魂が宿る個性豊かなショコラの世界をご紹介いたします。

                    RECOMMEND

                    こちらもおすすめ