旬のおすすめ旅ガイド

桜にちなんだ伝統行事と祭事

都の春を満喫するお花見歳時記2015

一面春色になる桜のシーズン、京都のお寺や神社では、行事や祭事が執り行われるのをご存知ですか。花見行列に観桜会、お茶会など……お茶をいただきながら、お琴の音色に耳を傾けながら、美しい桜をゆっくりと眺めるのはいかがでしょう。

  1. 『吉野太夫花供養』/常照寺

    2015年4月12日(日)
     
    洛北・鷹峯、4月第2日曜の「吉野太夫花供養」で知られ、その太夫道中が行われる少し前に桜が開花。2代目吉野太夫が寄進したという朱塗りの吉野門から参道には、吉野桜がアーチを作り、紅枝垂れ、うこん桜も咲きそろい艶やかです。

     

    京都市北区鷹峯北鷹峯町1

    075-492-6775


  2. 『豊太閤花見行列』/醍醐寺

    2015年4月12日(日)13時~15時(雨天決行:行列はなし)
     
    平安時代より「花の醍醐」の名で親しまれ、桜の名所として有名な醍醐寺。かつて太閤秀吉が、参加者総勢約1300人とも言われる盛大な「醍醐の花見」を催したことでも知られています。それにならって開催されるのが、「豊太閤花見行列」。秀吉公とその女房たちを模して煌びやかに着飾った行列が境内を練り歩き、金堂前では雅楽もお披露目されます。花見行列をより一層引き立てるのは、参道の桜トンネルや、樹齢百年を越える染井吉野。太閤秀吉が祝宴を張るほどに見応えのある桜、見頃は約3週間続きます。

     

    京都市伏見区醍醐東大路町22

    075-571-0002

    9時~17時

    www.daigoji.or.jp


  3. 『二条城観桜茶会』/元離宮二条城

    2015年4月9日(木)

    10時~15時

     

    普段は非公開の清流園で表千家によるお茶会が開かれます。桜舞う艶やかな景色を眺めながらお茶をいただく、特別なひとときを堪能できます。

    www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000178593.html

     

    京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

    075-841-0096

    www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo


  4. 『桜花祭』/平野神社

    2015年4月10日(金)

     

    「北山御幸(きたやまごこう)」とは、かつて花山天皇の「幾世の春を床しく匂えよ」の一言で行われた臨時のお祭り。かつて天皇の勅使が遣わされ、舞楽や競べ馬などが催されていた名残りで行われているのが「桜花祭」。午前の神事を終えた後は、騎馬や織姫たちの神幸列がまるで時代絵巻のように町を練り歩きます。

     

    京都市北区平野宮本町1

    075-461-4450

    www.hiranojinja.com


  5. 『観桜会』/毘沙門堂

    2015年4月5日(日)

    10時~15時

     

    京の桜名所、山科にある古刹、毘沙門堂にて毎年行われる人気の観桜会。お琴や琵琶の音色に耳を傾けながら、お茶席で一服を楽しむことができます。

     

    京都市山科区安朱稲荷山町18

    075-581-0328

    8時30分~17時

    bishamon.or.jp/index.html


RECOMMEND

こちらもおすすめ