TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

花見の余韻とともに

京桜が目の前!「桜の特等席ランチ」6選

白川や琵琶湖疏水、円山公園、仁和寺、円山など桜名所のそばでいただけるランチ処をご紹介。その時々の美しい桜を眺めながらいただく食事は、桜旅をより充実したものにしてくれるはず。老舗から話題の新店まで特等席をご堪能ください。
 
>>今年のお花見、どこ行く? 何食べる? 「桜の京都」おすすめ案内
>>甘党の京都人も大絶賛! あんこ好きの「手土産」7選

2/6

「松」5,000円より。定番の胡瓜の胡麻和え、若竹煮、胆煮など。仁清や樂家など骨董の器が使われることもある。吸い物、りんごのパイなど3種のデザートがつく。

02

 

【ぎをん 梅の井】京都屈指の名所にある一軒家で伝統の江戸前鰻  

2014年7月、長年営んできた祇園・縄手を離れ、桜の名所、円山公園内に移転した1914(大正3)年創業の鰻料理の名店「梅の井」。4代目主人が「ゆっくり落ち着く店に」と、生家の一軒家を改装した店舗は、1階にカウンターとテーブル、茶室一席のみとこぢんまりした造りに。昼のおすすめは、懐石仕立ての鰻丼「松」。客の顔を見てから蒸し始める江戸前鰻の丼に、造り、炊き合わせなど6品が付き、季節の特製デザートも好評。「店から桜は見えませんが、ここへの道中に公園の桜を観賞していただければ」。桜の余韻とともに旬味を満喫しましょう。

2016年03月10日掲載

2016年03月10日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ