TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

花見の余韻とともに

京桜が目の前!「桜の特等席ランチ」6選

白川や琵琶湖疏水、円山公園、仁和寺、円山など桜名所のそばでいただけるランチ処をご紹介。その時々の美しい桜を眺めながらいただく食事は、桜旅をより充実したものにしてくれるはず。老舗から話題の新店まで特等席をご堪能ください。
 
>>今年のお花見、どこ行く? 何食べる? 「桜の京都」おすすめ案内
>>甘党の京都人も大絶賛! あんこ好きの「手土産」7選

1/6

お昼にいただける「京のおぞよ御膳」3,000円。料理の内容は月ごとに替わり、写真は4月の献立。

01

 

【三味洪庵】川のせせらぎに心安らぐ町家でランチ  

ちりめん山椒で有名な、文久元(1861)年創業の“おぞよ(家庭のおかず)”のお店。2012年6月に神宮道から今の地に移り、飲食スペースを新たに設けてオープンしました。築百年の町家を改装した店舗は、窓の外を白川が流れる抜群のロケーション。お昼にいただける「京のおぞよ御膳」は3,000円。春なら山菜の胡麻和え、筍のバター醬油焼き、ホワイトアスパラガスのムース、春野菜のサラダ、桜の飯蒸し、うすい豆のすり流しなど新旧の料理を盛り込んだ口取り二段重に、銀鱈の味噌漬け、蛤の酒蒸しといった一品料理も付いた品数豊富なメニュー。締めのご飯には、鰯煮、昆布、じゃこといった「三味洪庵」自慢のおぞよが添えられる。その他、南禅寺御用達の豆腐店の豆乳で作る豆乳プリンなどこだわりの甘味ほか、ちりめん山椒や西京漬などもあり。

2016年03月10日掲載

2016年03月10日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ