TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

老舗のすき焼き、ビフカツサンド、最新の肉割烹まで

牛肉好き京都人が愛してやまない「京都 肉の名店」12選

あっさり味の京料理のイメージが強い京都ですが、じつは京都人は大の牛肉好き。京都で肉と言えば牛肉のことを、古くから牛肉文化が根付いてきた地でもあり、牛肉にうるさい人も少なくありません。
 
京都で牛肉というと、一番に名前が挙がるのが、1873(明治6)年創業、文明開化の味を今に伝える老舗すき焼き店「三嶋亭」。「三嶋亭」では毎月3日は「三嶋の日」とされ、お店には肉好き京都人の行列ができます。そんな老舗をはじめ、食通がわざわざ通う住宅街の名店「くいしんぼー山中」、世界の国賓が訪ねる「十二段家」など。 最近では、割烹スタイルでいただく肉割烹が祇園に続々と登場し、一流ホテルの鉄板ダイニング出身の店主による独創的な“鉄板割烹”も話題です。老舗のすき焼きから絶品ステーキ、黒毛和牛のビフカツサンドまで、京都人お気に入りのさまざまな肉の名店をお教えします。

5/12

「テンダーロインからあげ」は、テンダーロインあみ焼きなど4品のコース12,000円でいただくのがおすすめ。

05

 

【れんらく船】一度食べたらやみつきに。専門店が伝える肉料理の新境地  

「乗船口」と示された扉を入ると、そこはまるで客船の中。海上を進んでいるかのようにブルーの光が差す丸窓に、連絡船を模した内装と、クルージング気分で時を過ごせる「れんらく船」。1970年創業、認定書つきの近江牛を専門とする肉料理のお店です。山かけとろろ、あぶり寿司など、意表を突きながらもしっかりと肉の旨さを味わえるメニューは、素材を知り尽くした専門店ゆえ。スペシャリテは、「テンダーロインからあげ」。醤油で下味を付けたあと卵液とコーンスターチをまぶして揚げたもので、サクッとした衣と繊細な牛肉の食感がたまりません。隠れ家的ながら、全国の肉好きが「いつか」と憧れる存在です。 

2016年04月05日掲載

れんらく船

一度食べたらやみつきに。専門店が伝える肉料理の新境地

「乗船口」と示された扉を入ると、そこはまるで客船の中。海上を進んでいるかのようにブルーの光が差す丸窓に、連絡船を模した内装と、クルージング気分で時を過ごせる「れんらく船」。1970年創業の、認定書つきの近江牛を専門とする肉料理のお店です。山かけとろろ、あぶり寿司など、意表を突きながらもしっかりと肉の旨さを味わえるメニューは、素材を知り尽くした専門店ゆえ。スペシャリテは、長艸純恵さんが教えてくださった「テンダーロインからあげ」。醤油で下味を付けたあと卵液とコーンスターチをまぶして揚げたもので、サクッとした衣と繊細な牛肉の食感がたまりません。隠れ家的ながら、全国の肉好きが「いつか」と憧れる存在です。

れんらく船の詳細をみる

2016年04月05日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ