TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

老舗のすき焼き、ビフカツサンド、最新の肉割烹まで

牛肉好き京都人が愛してやまない「京都 肉の名店」12選

あっさり味の京料理のイメージが強い京都ですが、じつは京都人は大の牛肉好き。京都で肉と言えば牛肉のことを、古くから牛肉文化が根付いてきた地でもあり、牛肉にうるさい人も少なくありません。
 
京都で牛肉というと、一番に名前が挙がるのが、1873(明治6)年創業、文明開化の味を今に伝える老舗すき焼き店「三嶋亭」。「三嶋亭」では毎月3日は「三嶋の日」とされ、お店には肉好き京都人の行列ができます。そんな老舗をはじめ、食通がわざわざ通う住宅街の名店「くいしんぼー山中」、世界の国賓が訪ねる「十二段家」など。 最近では、割烹スタイルでいただく肉割烹が祇園に続々と登場し、一流ホテルの鉄板ダイニング出身の店主による独創的な“鉄板割烹”も話題です。老舗のすき焼きから絶品ステーキ、黒毛和牛のビフカツサンドまで、京都人お気に入りのさまざまな肉の名店をお教えします。

4/12

はまぐりとホワイトアスパラのカルボナーラ風。

04

 

【祇園 一道】鉄板焼きで味わう和食は、ほどよい量も女性好み  

祇園に鉄板割烹という新しいジャンルをもたらした店主の関孝明さん。一流ホテルの鉄板ダイニングで修業を積み、2011年6月に開業しました。普通は煮炊きするぶり大根も、それぞれを鉄板でほどよく焼いて合わせるなど、独創的な手法で客を楽しませます。先付、前菜、お椀と順に出される料理は和洋のセンスが交わる味。メインのフィレ肉も女性一人が最後まで味わえる量で、その加減のよさに満たされます。

2016年04月05日掲載

祇園 一道

鉄板焼きで味わう和食は、ほどよい量も女性好み

祇園に鉄板割烹という新しいジャンルをもたらした店主の関孝明さん。一流ホテルの鉄板ダイニングで修業を積み、2011年6月に開業しました。普通は煮炊きするぶり大根も、それぞれを鉄板でほどよく焼いて合わせるなど、独創的な手法で客を楽しませます。先付、前菜、お椀と順に出される料理は和洋のセンスが交わる味。メインのフィレ肉も女性一人が最後まで味わえる量で、その加減のよさに満たされます。

祇園 一道の詳細をみる

2016年04月05日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ