TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

老舗のすき焼き、ビフカツサンド、最新の肉割烹まで

牛肉好き京都人が愛してやまない「京都 肉の名店」12選

あっさり味の京料理のイメージが強い京都ですが、じつは京都人は大の牛肉好き。京都で肉と言えば牛肉のことを、古くから牛肉文化が根付いてきた地でもあり、牛肉にうるさい人も少なくありません。
 
京都で牛肉というと、一番に名前が挙がるのが、1873(明治6)年創業、文明開化の味を今に伝える老舗すき焼き店「三嶋亭」。「三嶋亭」では毎月3日は「三嶋の日」とされ、お店には肉好き京都人の行列ができます。そんな老舗をはじめ、食通がわざわざ通う住宅街の名店「くいしんぼー山中」、世界の国賓が訪ねる「十二段家」など。 最近では、割烹スタイルでいただく肉割烹が祇園に続々と登場し、一流ホテルの鉄板ダイニング出身の店主による独創的な“鉄板割烹”も話題です。老舗のすき焼きから絶品ステーキ、黒毛和牛のビフカツサンドまで、京都人お気に入りのさまざまな肉の名店をお教えします。

1/12

焼いている間も肉の豊かな香りがあがり、嚙めばじわっと口の中に旨味が広がる最上特選近江牛のステーキ。余計な部分は取り除かれ、ひと口大に切ってテーブルへ。

01

 

【くいしんぼー山中】近江牛本来の旨みに開眼!和牛を知り尽くすマスターの店  

桂にオープンして早37年。恵まれた環境のもとで安全に育てあげた、特選の近江牛の仔牛だけを使用するこだわりで、和牛本来のおいしさを伝える肉料理店。 「本物の近江牛はピンク色ではなく小豆色で、きめが細かいもの」と、シェフの山中康司さん。ハンバーグ、カツレツなど幅広いメニューにも「自分の家族に食 べさせたい」と本物の和牛のみを使っています。そんな、マスターとの会話も楽しいと評判の「くいしんぼー山中」は、街中から少し足を延ばしても行く価値ありです。

2016年04月05日掲載

くいしんぼー山中

近江牛本来の旨みに開眼! 和牛を知り尽くすマスターの店

 桂にオープンして早37年。恵まれた環境のもとで安全に育てあげた、特選の近江牛の仔牛だけを使用するこだわりで、和牛本来のおいしさを伝える肉料理店。「本物の近江牛はピンク色ではなく小豆色で、きめが細かいもの」と、シェフの山中康司さん。ハンバーグ、カツレツなど幅広いメニューにも「自分の家族に食べさせたい」と本物の和牛のみを使っています。そんな、マスターとの会話も楽しいと評判の「くいしんぼー山中」は、街中から少し足を延ばしても行く価値ありです。

くいしんぼー山中の詳細をみる

2016年04月05日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ