TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

穴場の紅葉絶景8スポットヘ

松嶋菜々子さんと歩く 「京都、紅葉さんぽ」

京都市街、祇園町のある東山エリアには、南北に連なる山々の合間に多くの寺院があり、数多くの紅葉名所があります。かえでやもみじが美しく色づく季節を迎えたころ、女優の松嶋菜々子さんが、名所の数々を訪れました。
 

北に鞍馬や大原、西に嵐山、そして東に東山と紅葉名所に囲まれているこの街。特に、東山は天皇家や豊臣家、徳川家など時の権力者と深い関わりのある寺社や信仰の中心地が数多く残され、歴史を辿りながら美しく色づく庭や道を歩くのにふさわしいエリアです。祇園を起点に歩き始めると、花見小路の突き当りにある建仁寺、そして円山公園の奥に長楽寺があり、もう少し下がると高台寺の塔頭である圓徳院、すぐ近くに清閑寺があります。さらに、山々の色づく姿を遠景で見るために、青竜殿将軍塚の大舞台まで足を延ばしてみましょう。また八条通より南に下がると、洛南随一の紅葉名所・東福寺がありますが、その周辺には、泉涌寺をはじめ、今熊野観音寺、雲龍院、来迎寺といった、それぞれ個性的な名所がまとまっています。
 
自分だけの″紅葉さんぽ”の道をぜひ見つけてください。

1/10

花見小路の先、建仁寺の境内にも多くのもみじが季節を彩る。写真は興雲庵の前の石畳の道にて。

01

 

建仁寺  

祇園にある建仁寺は、1202年創建の禅寺。開山した栄西禅師は、中国から茶種を持ち帰った「茶祖」としても知られる。建仁寺には3つの庭があり、平成に造られたいちばん新しい庭が「潮音庭」。365度から見られる珍しい庭なので、ぐるぐると回遊し、自分がいちばん落ち着く場所を見つけるとよい。何度も来ると、その時々によって落ち着く場所が違ってくるそう。残りのふたつ、方丈前庭の「大雄苑」、「〇△□乃庭」とともに楽しみたい。
 
■建仁寺

京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町584
Tel.075-561-6363
3月1日~10月31日/10時~16時30分(17時閉門)
11月1日~2月28日/10時~16時(16時30分閉門)

2017年10月04日掲載

撮影/森山雅智 写真/中田昭、久保田狐庵 スタイリング/大沼こずえ  ヘア&メイク/佐々木博美 着付け/木村節子、村林厚美(市田ひろみ美容室) 『婦人画報』2017年11月号「京都 秘密のさんぽ道」掲載 2017年10月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ