TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都人の美意識が詰まった京菓子

一度は味っておきたい!通好みの「京の老舗菓子司」7店

古都京都には社寺が多いこと、お茶が盛んであること、季節の行事や人との付き合いを大切にする土地柄から、歳月をこえて独特の菓子文化が育くまれてきました。四季の季節感を大切に、京都の伝統の祭礼や儀式によって磨かれてきた和菓子には、風雅で繊細な京都人の美意識が宿っています。風格ある店構えにちょっと敷居が高く感じられるかもしれませんが、礼をもってお訪ねすれば、驚くほど丁寧に対応くださいます。そんな完璧な対応にも老舗の真髄を感じずにはいられません。

4/7

花見団子(1本420円)。ういろう+白あん、蓬入り草餅、薯蕷あんと3種類の味が並ぶ。

04

 

【塩芳軒】繊細で上品、京の意匠を感じる逸品ぞろいの京菓子の老舗  

明治15年創業の和菓子の名店で、現在で4代目。菓祖である林浄因命の流れをくむ今出川大宮にあった「塩路軒」から別家し創業。店頭には、別家の証であ る、伝統の長のれんが飾られています。小豆は最高級の丹羽大納言を用い、毎年収穫の時期に丹羽へ買い付けに行くとか。和三盆も四国の生産者と密接なつなが りを持つなど、原料へのこだわりに余念がありません。季節の干菓子や上生菓子などはとくに人気が高く、上質な味、京都らしい手仕事の意匠が感じられると評 判です。
 
また、「ここの団子が一番」と足しげく通うファンが多いという春の花見団子や、笹の葉でくるまれた情緒ある夏の菓子・水羊羹、寒くなると食べたく なる懐中汁粉「みのる里」など、季節それぞれに人気の看板商品があり、和菓子好きの心を浮き立たせてくれます。
 

2016年03月11日掲載

塩芳軒

繊細で上品、京の意匠を感じる逸品ぞろいの京菓子の老舗

明治15年創業の和菓子の名店で、現在で4代目。菓祖である林浄因命の流れをくむ今出川大宮にあった「塩路軒」から別家し創業。店頭には、別家の証である、伝統の長のれんが飾られています。小豆は最高級の丹羽大納言を用い、毎年収穫の時期に丹羽へ買い付けに行くとか。和三盆も四国の生産者と密接なつながりを持つなど、原料へのこだわりに余念がありません。季節の干菓子や上生菓子などはとくに人気が高く、上質な味、京都らしい手仕事の意匠が感じられると評判です。また、「ここの団子が一番」と足しげく通うファンが多いという春の花見団子や、笹の葉でくるまれた情緒ある夏の菓子・水羊羹、寒くなると食べたくなる懐中汁粉「みのる里」など、季節それぞれに人気の看板商品があり、和菓子好きの心を浮き立たせてくれます。

塩芳軒の詳細をみる

2016年03月11日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ