TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

新年を粋に京都で過ごすラグジュアリーなプランをご用意いたしました。京都・琵琶湖で食す美食の数々として、日本三大料亭に数えられる「吉兆嵐山本店」の新春特別献立をはじめとし、名物「瓢亭」の朝がゆ、琵琶湖の鴨すきや本モロコ焼、「黄檗山萬福寺」の普茶料理(中国風精進料理)、「祇園 おくむら」で味わう京風フレンチ懐石といった、和食から洋食までバラエティーに富んだお食事をお召し上がりください。また新春の風物詩のひとつ「都七福神めぐり」、京都の7カ所の寺社めぐりをお楽しみいただきます。そして「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」にて開催される『草間彌生 永遠の南瓜展』を鑑賞。大型バスに座席はわずか10席というラグジュアリーバスでの移動も満喫してください。

TRAVEL PLAN旅ガイド

  1. 《2泊3日》平成最後の新年は豪華バスで美食とアート三昧

    平成の最後を飾るお正月にふさわしい豪華な旅を用意しました。「嵐山吉兆本店」の新春特別献立による懐石料理に始まり、「祇園 おくむら」の京風フレンチ懐石、琵琶湖「魚清楼」の名物鴨すきや本モロコ焼、「黄檗山萬福寺」の普茶料理、「瓢亭」のこの時季だけの鶉がゆをご堪能いただきます。2~3日目はラグジュアリーバスに乗って移動。来る年の開運を祈って「都七福神めぐり」をし、また「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」では123点の草間彌生作品が織りなすアート空間お楽しみいただきます。

    京都に到着後、まずは「都七福神巡り」にご案内。新春に巡拝すると特に功徳が大きいとされる「都七福神巡り」をこの旅では3日かけて訪れます。初日の夕食は「嵐山吉兆本店」にて新春懐石料理を。
     
    2日目は、ラグジュアリーバス「ロイヤルロード・プレミアム」で移動しながら、都七福神巡りを。寺社めぐりの合間には、「瓢亭」の鶉がゆ、「黄檗山萬福寺」普茶料理、「祇園おくむら」 にて京風フレンチ懐石をお楽しみください。
     
    3日目は「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」へ。祇園甲部歌舞練場内にある「八坂倶楽部」を現代美術館として運営することとなった、そのグランドオープン記念として開催される『草間彌生 永遠の南瓜展』。総畳敷きの日本建築空間と草間彌生作品が織りなす斬新なアート空間を堪能ください。ご昼食に琵琶湖の鴨すきや本モロコ焼きをご賞味いただき、最後に満月寺へ。
     
    平成最後の新年は古都で雅やかに過ごしませんか。
     

    【ここがポイント!】
    ●京都・琵琶湖で数々の美食を食す
    ●開運招福 都七福神めぐり
    ●2~3日目の移動はラグジュアリーバスで
    ●往復の新幹線はグリーン車で快適
    ●おひとりさまの参加も歓迎
     
    ■京都と琵琶湖の美食と都七福神めぐり
    「フォーエバー現代美術館 祇園・京都 『草間彌生 永遠の南瓜展』」鑑賞 3日間
    ●2泊3日
    ●旅行代金 398,000円~458,000円
    ●出発日 2019年1月3日(木)
    ●出発地 東京駅(※京都駅発着も承ります)
    ●お電話でのお申し込み・お問い合わせ
    JTBロイヤルロード銀座 国内旅行デスク
    0120-262-115(平日10:00~18:00)土・日・祝日は休業となります。
    旅行企画/株式会社 JTB


『婦人画報』2018年12月号掲載 、2018年10月23日掲載

MAP地図

食べる・飲む: 食べる・飲む 泊まる: 泊まる 買う: 買う 観る・体験する: 観る・体験する

RECOMMEND

こちらもおすすめ