TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

京を代表する老舗旅館の一つで、茶の湯の心をもてなしに生かす「炭屋旅館」。まずは、名旅館のお座敷にて、裏千家今日庵文庫長であり、茶道資料館副館長を務める筒井紘一先生のお話のもと、茶懐石の料理をいただきます。その後、通常非公開のお茶室へご案内。仁和寺では、画家・尾形光琳の遺愛の席を移したとも伝えられる「遼廓亭」と、深山幽谷の雰囲気が漂う「飛濤亭」へ。2日目の大徳寺塔頭・真珠庵では、重要文化財に指定されている茶室「庭玉軒」を特別拝観します。そして、茶道の千家ゆかりの千家十職である樂家。初代・長次郎が千利休と出会い、利休の侘茶の理想に適う茶碗を焼いたのが始まりで、代々茶陶を作り続ける樂家に隣接した樂美術館では、銘品の数々を鑑賞します。ご昼食は、宇治にある黄檗宗の禅寺・閑臥庵で普茶料理と、200年にわたり宇治で茶問屋を営む「辰巳屋」で抹茶を使った料理を堪能します。旅の始まりから終わりまで、古都の歴史に育まれたお茶文化を満喫する2日間です。

TRAVEL PLAN旅ガイド

  1. ≪1泊2日≫茶の湯の心を 体験し、京のもてなしを知る旅

    京都の食文化の背景にある「お茶の文化」。茶の湯の心を、おもてなしに生かす老舗「炭屋旅館」にて、その神髄を裏千家今日庵文庫長、茶道資料館副館長の筒井紘一先生のお話で体験していただきます。茶懐石の心をとり入れた美しい懐石料理とともにお楽しみください。また、清々しい青葉が美しい京都の重要文化財に指定されている、通常は非公開の茶室と名園の特別拝観へご案内します。

    1日目、まずご昼食に黄檗宗の禅寺である閑臥庵で,、京懐石風普茶料理をどうぞ。食事後は樂焼の窯元・樂家に隣接する「樂美術館」へご案内。樂焼は樂家の初代・長次郎が千利休と出会い、焼いたのが始まりとされ、今も変わらぬ手法で、茶道のための焼きものを制作しています。 夕刻には京都で茶室を持つ数少ない旅館のひとつである「炭屋旅館」へ。ここでは、茶道研究家、文学博士の筒井紘一氏によるお茶文化のお話を聞き、京懐石を。お泊まりは、京都の中心に位置する京都ホテルオークラをご用意しました。

     
    2日目、まずは「仁和寺」へ。本ツアーでは特別に通常非公開の2つの茶室、「遼廓亭」と「飛濤亭」へご案内いたします。そして重要文化財にも指定されている大徳寺塔頭の「真珠庵」へ。重要文化財の茶室「庭玉軒」は通常非公開ですが、本ツアーでは特別にご覧いただくことができます。この日のご昼食は、宇治「辰巳屋」にて抹茶を使ったお料理を。その後、丸久小山園で各種お茶とお菓子をお楽しみください。

     
    旅の始まりから終わりまで、まさにお茶の文化にふれる2日間をご堪能ください。

     
    【ここがポイント!】

    ●炭屋旅館にて京懐石の夕食とお茶席、茶道研究家筒井鉱一氏によるお話
    ●仁和寺では、通常非公開の飛濤亭・遼廓亭(いずれも重要文化財)を特別にご案内
    ●通常非公開の大徳寺塔頭真珠庵の重要文化財の茶室「庭玉軒」を見学。
    ●往復の新幹線はグリーン車で快適
    ●おひとりさまの参加も歓迎

     
    ■「炭屋旅館」で懐石料理とお茶文化に触れる京都2日間 

    ●1泊2日
    ●旅行代金 188,000円~218,000円

    ●宿泊施設 京都ホテルオークラ

    ●出発地 東京駅(※京都駅発着も承ります)

    ●出発日 2018年6月17日(日)

    ●お電話でのお申し込み・お問い合わせ

    JTBロイヤルロード銀座 夢の休日デスク 0120-606-489(平日10:00~18:00)土・日・祝日は休業となります。
    旅行企画・実施/株式会社JTB


『婦人画報』2018年5月号掲載 、2018年03月30日掲載

MAP地図

食べる・飲む: 食べる・飲む 泊まる: 泊まる 買う: 買う 観る・体験する: 観る・体験する

RECOMMEND

こちらもおすすめ