TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

大阪の天神祭り・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに挙げられている「祇園祭」。祭りの最大のハイライトは、山鉾巡行です。当ツアーでは、7月17日の前祭巡行に合わせてツアーを設定しています。1日目の宵山では解説者の説明を聞きながら、実際に「山伏山」へ上がり、2日目には山鉾巡行を指定観覧席より間近に鑑賞していただけます。また、祇園祭だけでなく法金剛院での蓮観賞など、夏の京都を満喫していただけるプランです。

TRAVEL PLAN旅ガイド

  1. ≪1泊2日≫京の夏の風物詩「祇園祭」を堪能する2日間

    京の夏、最大の風物詩と言えば「祇園祭」。梅雨が明ければ街全体が祇園祭一色に染まります。全部で33基ある山鉾は形や装飾もさまざま。鉾に明かりが灯ると、あちらこちらから「コンチキチン」の音色が響いてきます。今回はもっとも街が賑わう夜の宵山と、祭りのハイライト、昼の山鉾巡行をたっぷりとお楽しみいただけるプランをご用意しました。また、祇園祭の前にご案内する法金剛院の特別名勝の庭園では、約90もの品種が色とりどりに咲く蓮をご観賞ください。

    京都駅にご到着後、まずは「関西花の寺」の第十三番として有名な法金剛院へご案内。7月上旬から8月初旬にかけて約90品種もの蓮が咲き誇ります。美しい蓮を愛でたあとは、一度ホテルへチェックインをしていただき、ホテルエルイン京都 和食レストラン「舞」にて少し早めのご夕食を。そして、いよいよ祇園祭宵山へ。街に山鉾が立ち並び、「コンチキチン」と独特の祇園囃子が響き渡ります。当ツアーでは解説者のご案内で、「山伏山」に上がっていただくことができます。

     
    2日目は、祇園祭のメインイベントとなる「山鉾巡行」を観覧席にてゆっくりとご覧いただきます。長刀鉾の稚児が太刀をかざして注連縄を切り落とす「注連縄切り」や、巡行順を確認する「くじ改め」、巨大な鉾が、敷き詰めた竹の上で方向を変える「辻回し」など見どころ満載です。

     
    京の夏の風物詩を心ゆくまでご堪能ください。

     
    【ここがポイント!】

    ●宵山では「山伏山」へ実際に上り、解説者がご案内
    ●山鉾巡行を指定観覧席より間近に鑑賞
    ●1日目は特別名勝の庭園に咲く極楽浄土の花・蓮を観賞
    ●2日目は日本最古の庭園がある「神泉苑平八」でのご昼食
    ●おひとりさまの参加も歓迎

     
    ■日本三大祭「祇園祭」を間近で鑑賞!宵山「山伏山」特別拝観と観覧席にて山鉾巡行見物 

    ●1泊2日
    ●旅行代金 40,000円~42,000円

    ●宿泊施設 新・都ホテル

    ●出発地 京都駅

    ●出発日 2018年7月16日(月)

    ●お電話でのお申し込み・お問い合わせ

    株式会社日本旅行 0570-666-155(年中無休 9:30~18:00/但し年末年始を除く)
    旅行企画・実施/株式会社日本旅行


『婦人画報』2018年5月号掲載 、2018年04月30日掲載

MAP地図

食べる・飲む: 食べる・飲む 泊まる: 泊まる 買う: 買う 観る・体験する: 観る・体験する

RECOMMEND

こちらもおすすめ