TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

「葵祭」は、「祇園祭」、「時代祭」と並ぶ京都三大祭の一つ。京都御苑から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を、総勢500名を超える平安絵巻さながらの優雅な行列がねり歩きます。行列が出発する京都御苑の指定観覧席にてお楽しみください。
若葉もすがすがしい新緑の京都にひときわ彩りを添える鴨川をどりは、明治5年の初演以来、長年の伝統に裏づけられた確かな伎芸で、京の年中行事として欠くことの出来ないものとなっています。舞妓約50名の編制で繰り広げられる、京都の四季折々の名所・風情を織り込んだ踊りが目を引きます。また、特別公開となる天龍寺塔頭の2つの名庭園の拝観、「京都吉兆」での京懐石も堪能できるスペシャルなコースです。

TRAVEL PLAN旅ガイド

  1. ≪1泊2日≫指定観覧席で「葵祭」観覧と鴨川をどり、そして天龍寺塔頭の名庭鑑賞に、「京都吉兆」京懐石を

    ≪1泊2日≫葵祭と鴨川をどりを指定観覧席から優雅に鑑賞

    京都御苑から下鴨神社、上賀茂神社へ新緑の都大路を、総勢500名を超える平安絵巻さながらの優雅な行列が練り歩く「葵祭」。王朝行列が出発する京都御苑の指定観覧席にてお楽しみいただく特等席のご案内です。また、芸舞妓約50名の編制で繰り広げられる、京都の四季折々の名所・風情を織り込んだ「鴨川をどり」もお茶券付き特別席をご用意。特別公開となる天龍寺塔頭の2つの名庭園の拝観、「京都吉兆」での京懐石も堪能できるスペシャルなコースです。
     

    【ここがポイント!】
    ・京都三大祭のひとつ「葵祭」を指定観覧席より観覧
    ・1日目の昼食は「京都吉兆」嵐山本店での京懐石に舌鼓
    ・天龍寺塔頭 宝厳院の「獅子吼(ししく)の庭」、弘源寺の枯山水庭園「虎嘯(こしょう)の庭」特別公開
    ・100年以上の歴史ある「鴨川をどり」を特別観覧席より鑑賞
    ・2日目の昼食は京都ホテルオークラ 中国料理チャイナテラス「桃李」にて特別ランチコースをご堪能
     
     

     
    ■指定観覧席から観覧「葵祭」と「鴨川をどり」
    特別公開の名庭園鑑賞と「京都吉兆」京懐石
    ●1泊2日 ●2017年5月15日(月)
    ●京都発(東京・名古屋・岡山・広島・博多発着も承ります)
    ●旅行代金 お一人様98,000円(2名1室利用)
    ●お電話でのお問い合わせ・資料請求
    Tel.0570-666-155(9時30分~18時) 
    旅行企画・実施/日本旅行


『婦人画報』2017年3月号掲載 、2017年02月01日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ