TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都 パンの都の名店

【ひつじの風/嵯峨広沢】卵、乳製品を使わない ビーガン(純植物性)専門のお店

京都の中心部から嵯峨嵐山方面に向かう途中、丸太町通り沿いにある「ひつじの風」は、パンやスイーツに動物性の原材料を使わない、ビーガン(純植物性)専門のベーカリー。国産無農薬の小麦粉を使い手ごねで作った品々は、乳製品や卵は不使用、アレルギーがある方の注目を集めています。

1/5

店内のパンはすべてビーガンに基づいたもの。手書きのプライスカードもナチュラル。

01

 

原材料はすべてビーガン(純植物性)  

嵯峨・広沢池の南、丸太町通りに面して建つ「ひつじの風」は、すべてビーガンのパン屋さん。ビーガンとは、完全菜食主義の食のことで、卵や乳製品、ハチミツも含まないという意味で、こちらのお店でも、それらを一切使わないパンづくりをしています。
 
 

2016年11月02日掲載

2016年11月02日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ