TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都 パンの都の名店

【ル・ブション・トゥーネソル/嵐山】京の実力派フレンチシェフ×東京の人気ベーカリーがコラボレート

観光客でにぎわう嵐山に、2016年1月に登場した「ル・ブション・トゥーネソル」は、伝統的なフレンチと、東京で注目されるパン職人のパンが味わえるビストロ&パンのお店。独創的なパンと、パンと絶妙に調和する料理の数々は、パンの新しい楽しみ方を教えてくれます。

1/5

パンのおいしさが増すおすすめメニュー。「ライ麦バゲット」300円と生チーズとエシャロットでホイップしたディップクリーム「セルベルトカミュ」500円、「パテ・ド・カンパーニュ」500円。

01

 

パンがすすむ!ビストロ料理との組み合わせ  

「ル・ブション・トゥーネソル」は、JR嵯峨嵐山駅、阪急嵐山駅から歩いて数分のところ、渡月橋から嵯峨釈迦堂方面へと向かう、新丸太町通りの交差点の角にあります。こちらは、フランス料理を学んだ畑 幹雄シェフが、東京・茗荷谷「キート」の小野田啓介シェフとコラボレーションして生まれたお店。パンを選んで前菜や「リヨン地方のセルベルトカミュ」「アメリケンヌソースにタレッジオチーズを入れた濃厚ソース」などのディップのほか、パテや牛肉のグリルなどビストロ料理と一緒に楽しめるので、料理との組み合わせにより、パンの味わいがより深く感じられます。もちろん、パンはテイクアウトもできます。

2016年03月24日掲載

2016年03月24日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ