TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

古都での暮らしを日記で綴る

女優 吉田羊さんが、京都に住んでやってみたかった8つのこと

古都は気高く、ときとして近寄りがたいと感じたことはありませんか。忙しく通りすがるだけの観光では、そんな町には近寄れません。けれども、住人の視線で立ち止まり、身を委ねてみれば、懐深い町は人をやさしく迎え入れてくれるはず。そこで、京都を愛する女優・吉田 羊さんが京都暮らしを実践。古都に住んでやってみたかったことを日記で綴ります。

1/8

01

 

京都人気分を満喫する町家ステイ【祇園 金瓢】  

7月10日
「かなえたかった夢のひとつは、町家に住んで引き売りのお豆腐を買うこと」
吉田 羊さんがかなえたかった夢のひとつは、こんなふうに町家に住んで、引き売りのお豆腐を買うこと。
出来たてのお豆腐の味、風が通る町家の佇まい、「ほんに暑おすなぁ」から始まる会話……。京都に暮らせば、名所を巡るだけの観光では気づかなかった京都の魅力に出合えるかもしれません。
 
■祇園 金瓢
近年、国内外の客から人気を集めている滞在型の町家。古門前通りに面するここは、築二百年を超す元・造り酒屋をリノベーションし、1泊からのステイに応じています。1階は囲炉裏のある土間、2階は10畳と6畳の部屋があり、最大7名まで宿泊可能。
 
京都市東山区古門前通花見小路東入ル三吉町335
TEL:075-708-5143
料金:1泊40,000円~(1棟あたり)
※曜日と季節ごとに変動。連泊割引あり。
 
■新井とうふ店
父の代からのリヤカーで四条堀川界隈を中心に行商も行う。
出来たての豆腐を夕餉に、なんていう京都の贅沢な日常が味わえます。
 
京都市下京区油小路通高辻下ル麓町626 
TEL:075-351-4709
営業時間:10時30分~19時
休日:日曜・祝日
※木綿豆腐200円。

2015年07月29日掲載

撮影/森山 雅智 ヘア&メイク/岩本みちる スタイリング/梅山弘子 着付け/山﨑真紀 2015年07月29日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ