TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都通の間でも話題

意外な京土産の新定番!「京都ショコラ」8選

意外な京土産の新定番はショコラ? いま京都の甘いもん好きを魅了しているのは、京都発のショコラです。老舗から話題のBean to Barまで、京都ならではの職人魂が宿る個性豊かなショコラの世界をご紹介いたします。

6/8

365日の京都の風物詩にちなんだ“紋”が施されたチョコ「加加阿365」。4個入り1,800円。

06

 

【マールブランシュ 加加阿365 祇園店】1年365日、その日の京都の歳時にちなんだショコラ  

京都の流儀をテーマにした「加加阿(カカオ)のある暮らし」を提唱するチョコレートショップが2014年4月、祇園町南側にオープンしました。看板商品の「加加阿365」4個入り1,800円は、「日々是好日」の心で日ごとに異なるメッセージを託した特別なチョコ。その日の京都の風物詩にちなんだ「紋」がチョコレートの表面に施されています。中に柔らかいガナッシュが入っており、フレッシュさを保つため火入れは控えめにし、生ケーキのようなひと粒に仕上げています。なめらかな舌触りとやさしい甘み、そして口に入れた瞬間、カカオとミルクの香りがふんわりと広がります。祇園の新しいおみやげとして注目を集めています。
 
 

2016年11月04日掲載

マールブランシュ 加加阿365 祇園店

1年365日、その日の京都の歳時にちなんだショコラ

京都の流儀をテーマにした「加加阿(カカオ)のある暮らし」を提唱するチョコレートショップが2014年4月、祇園町南側にオープンしました。看板商品の「加加阿365」4個入り1,800円は、「日々是好日」の心で日ごとに異なるメッセージを託した特別なチョコ。その日の京都の風物詩にちなんだ「紋」がチョコレートの表面に施されています。中に柔らかいガナッシュが入っており、フレッシュさを保つため火入れは控えめにし、生ケーキのようなひと粒に仕上げています。なめらかな舌触りとやさしい甘み、そして口に入れた瞬間、カカオとミルクの香りがふんわりと広がります。祇園の新しいおみやげとして注目を集めています。

マールブランシュ 加加阿365 祇園店の詳細をみる

『婦人画報』2016年2月号 「京都ショコラ」掲載 2016年11月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ