TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都通の間でも話題

意外な京土産の新定番!「京都ショコラ」8選

意外な京土産の新定番はショコラ? いま京都の甘いもん好きを魅了しているのは、京都発のショコラです。老舗から話題のBean to Barまで、京都ならではの職人魂が宿る個性豊かなショコラの世界をご紹介いたします。

1/8

素材とショコラの相性で考え抜かれたトリュフは、抹茶や日本酒など9種を展開。3個1,600円~

01

 

【牟尼庵】掌でひとつずつ丸めた、ころころ、ふわふわのトリュフ  

2009年、北白川にオープンしたショコラブランド「牟尼庵」。2015年、御幸町に移転したショップ兼工房はシルバーで統一された空間です。ブランドの顔であるショコラトリュフのほか、ガトーや生ショコラなどが並びます。コロンとした姿も印象的なトリュフは、女性オーナーの熊谷さんがフランス人から手ほどきを受け、その後に京都で試行錯誤を重ねて完成させた苦心の作。この味や食感を作ることができるショコラティエは現在2名のみで、職人の手技でひとつひとつ日々丁寧に作っています。「国産のクーベルチュールに、抹茶や甘みのある茎茶、日本酒、ピスタチオなどの素材を合わせ、ひとつずつ空気を含ませながら手作りしています」。口に入れるとなめらかに溶けながら素材が香るショコラは、かつてないふわふわの食感。濃厚なのに食べ飽きない、心に残る味わいに全国から注文が来るほどです。
 
 

2016年11月04日掲載

牟尼庵

掌でひとつずつ丸めた、ころころ、ふわふわのトリュフ

2009年、北白川にオープンしたショコラブランド「牟尼庵」。2015年、御幸町に移転したショップ兼工房はシルバーで統一された空間です。ブランドの顔であるショコラトリュフのほか、ガトーや生ショコラなどが並びます。コロンとした姿も印象的なトリュフは、女性オーナーの熊谷さんがフランス人から手ほどきを受け、その後に京都で試行錯誤を重ねて完成させた苦心の作。この味や食感を作ることができるショコラティエは現在2名のみで、職人の手技でひとつひとつ日々丁寧に作っています。「国産のクーベルチュールに、抹茶や甘みのある茎茶、日本酒、ピスタチオなどの素材を合わせ、ひとつずつ空気を含ませながら手作りしています」。口に入れるとなめらかに溶けながら素材が香るショコラは、かつてないふわふわの食感。濃厚なのに食べ飽きない、心に残る味わいに全国から注文が来るほどです。

牟尼庵の詳細をみる

『婦人画報』2016年2月号 「京都ショコラ」掲載 2016年11月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ